2011年02月20日

榕榕客家棧 Yung Yung Hut

2/6 星期日

夜ご飯。火鍋になりました。


写真をみると、22時すぎに撮ってます。これは、まだ何を頼むか決めてたとき。
鍋がきて食べ始めたのが22時半過ぎてました。メニュー決めるのにどんだけ時間かかってるんでしょう、迷いすぎね。

九龍塘にいたのが20時、戻って、荷物おいて、ちょっと休んで・・・やっぱりそんなもんか。

何食べるかー 中華かー ・・・プリンスエドワードから歩いてどこ行くんだか。
時間も時間だし、お店やってるかなとか。
旺角の方にとりあえず行きまして、このお店になりました。

夜1時まで営業とのこと。よかったね。

1品ものにするか迷ったけど火鍋にしました。

P1070637鍋紙.JPG
火鍋用のオーダーの紙。
點心みたいにチェックします。トマト鍋なんてのもありますね。
選んだのは、滋味豬骨。 とんこつです。

具。
頼んだ中で、「生猛泥なんとか」なんとかとは、魚へんに、子と皿 の字。
これなに?ってことで頼んでみたけど、 無いと言われてしまい、結局なんなのか分からない。

P1070646西洋菜.JPG
西洋菜と白背木耳。
西洋菜ってクレソン? かごにてんこ盛り。 きくらげ。

P1070643腐竹.JPG
鮮腐竹。
ゆば。 ゆば大好き。 厚くていいです。

で、これ。別に具なんて大きく載せなくてもと思ったけど、とくに・・・
P1070641獅子巻.JPG
獅子狗卷。
って何? 頼んじゃえ〜! って、チェックした同行者。

始めに出されたのが、これ。
えっ?? これが獅子狗卷でございますか?? ちくわじゃん!
私達はショックでした・・・で、笑えましたねぇ。
なんでかな、なぜこういう名前なの?

そこで、
知ってる?忍者ハットリくんの飼い犬のししまるが・・・と、同行者が言いだしまして、
あー それだわ。 絶対そうだ、それでちくわなの?
でも、ハットリくんってそんな有名かな? 藤子先生どうなんでしょうか・・
この獅子狗卷、貴重にいただきました。笑

P1070647火鍋.JPG
滋味豬骨。
あっさりしたとんこつでした。 ほんとあっさり。 なのでたくさん食べられそうです。
とうもろこし、だいこんが入ってました。

他に、雞肉と豚肉を頼んで、
また、トリちゃんのおいしいこと。 やわらかく、しっとりしてて、鍋に煮込まれてもぱさぱさに全くならず。
私は、きくらげのコリコリとトリちゃんと合わせて、食感を楽しみました。
豚肉も同様。やわらかいしよかったです。

のんびり食べました。

やはり、アクが・・・
アクを取る習慣がないんだろうね。以前、火鍋食べたときもそう思ったけど、
捨てる入れ物とかないもん。
郷に入れば郷に従え というですね。

私は白ご飯も食べてお腹がいっぱいでした。
おいしくいただきました。


榕榕客家棧 Yung Yung Hut
旺角塘尾道61號
61 Tong Mei Road, Mong Kok

太子から歩いて15分かかる?くらい。
このお店は調べたら客家菜でした。


どうでしょうか、0時過ぎてたかな。お店でたころは。
お腹いっぱいでのんびり歩いて帰りました。
この日もお疲れです。 そんなに急いで動いていないのにね。
翌日はちゃんとしよう! って、早めに寝た? 違ったような気がします。
このだらだら滞在、最高です。。楽しい。
ラベル:旅行 香港
posted by tabiori at 02:17| 香港 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 火鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

維記咖啡粉麵 Wai Kee Noodle Cafe

2/6 星期日。

お昼ごろでしょ、まあ適当に・・・と、昨日、この日の時間を決めておきまして、
昨夜、(確か)早くは寝なかったのでゆっくり寝れるなぁと思って11時に起きるようにセットしたのですが
早く覚めてしまいました。と、覚えている今。10時前くらいだったと。

しょうがないので、長くお風呂に入り、ボケた顔とカラダを起こし、
どんな天気かどの程度服を着込めばいいかを確認しに
外へタバコを吸いに行きました。
絶対誰か(同じように灰皿のところで吸ってる人)が話かけてくるので会話し、あ、これ、今回毎朝やってたな。 

会話は、暑いだの、寒いだの、どこから来ただの、日本人か?など。 初めは日本人にはもちろん見られていません。
夜に吸ってたときなんて、歯が抜けたオヤジと会話 笑
ライター貸してくれて、廣東省からきてたオヤジなの?廣東語のようでしたが香港人の使う感じとは違ってたよう。
ホテルの前で座りながら、すすめられたので座ってしまったのですが。。
なんで私、こんなオヤジの横にいる? と不思議でした。


で、この日は暑そうでした。
12時すぎごろか、電話が架かってきて、もうすぐ着くって・・・結構なボケ具合 笑
同行者も朝5時くらいに寝たとのこと。 よく起きれたね、昼前に。
私もあんまり寝ていないから、お互いボケた状態で、まただらだら。 ずっとだらだらです。
まったく急いでないからいいんですけどね。


どこ行く?どうする?予定は? 難しい質問です。
まずはお昼ご飯でしょう、と。お昼かなり過ぎてましたが。
お腹もかなり空いてきたよ。

パン食べるでしょ?オレは麺食べるから、とやはり深水埗のお店に行くことになりました。

P1070624samsoipo.JPG
太子からは一駅なので、歩いていきました。
いい天気でしたね。
この道はなんて通りなのか、生地やさんが密集とのことだが、人がほとんど歩いてなくて、お店も閉まってたし。
このローカル感がたまりませんねー。好きです。
この写真を撮った時間、15:24になってる。。  お昼ごはんって時間ではないですね。

深水埗は、前に一度夜に来たことがあるだけで、昼間は初めてです。

お店の場所は私は知らないので、連れられるままどうやら深水埗站の近くで人が急に増えた。
あ〜、ここだよ と同行者。

お〜、ローカル〜! ぞくぞくしました。この店構え。いいですねぇ。
お客さん、たくさん並んでる。

P1070625維記.JPG


P1070626維記2.JPG
店内、混みこみ。
並んで3店舗に分かれてましたがどこも混みこみ。
中途半端な時間なのになぁ。

どれくらい待ったかな。ずっと話してたので分かりませんが20分程度でしたでしょうか。

待ってる間に、私も麺食べようかなぁ 食べるなら米粉がいいなぁと思ってました。

麺やさんでもあるので、
入ってみると当たり前ですけど麺食べてる人が圧倒的に多かったです。
その麺、みたときに おいしそう! 私も食べたいー! 

ですので、食べました。
多士ももちろん。

私は、牛肉米にしました。 ちなみに私は、牛肉の発音ができません。
難しいんですよね。

ちょっと悩んでたので、また同テーブルの人とかがなんか言ってきて、
店員さんにも伝えてくれたみたい。
親切ね。


私は、壁にかかったメニューの「西多士」を指してこれ、といったけど、あとから、
これか?
と、店員さんが同じく壁に貼ってあった「咖央西多士」の写真をさして、 いや、ちょっと違うけどな、まあいいか
と思って、そう、うん、と言ってしまいました。 つまり、私は普通の「西多士」を頼むつもりだったわけです。
違う、西多士と説明するのも面倒でした。

麺、でてきました。
うあぁ すごいアク・・・アクとらんのかい! 

P1070628牛肉米.JPG
牛肉米。
米粉です。

あまり見た目がよくないですね。笑  同行者のも撮りました。
P1070629豬潤米.JPG
こっちのほうがキレイに見えたけど、いえ、しっかりアクも撮れてました。 
こちらは、豬潤米。

この米粉、うまい!です。
香港の麺ってほんと他も食べたいと思い始めた一品でした。

アクがすごいけど、別に除けばいいだけのこと。
見た目よりあっさりしてます。塩分もきつくないんです。 薄味めかな。
牛肉もおいしい、やわらかいです。
豚ちゃんレバーももらったけど、あ〜これはこれでうまいなぁって。
全部食べるつもりはなかった、残すだろうと思ったけど完食してしまいました。

多士。
P1070630西多士.JPG
咖央西多士。

シロップをうあぁってかけてたら、あ〜って言われたけど、かけすぎ?
香港の西多士にはこれぐらいかけたいし。 パンケーキにもたくさんかけるので・・・

確かに甘いねぇ 甘い! 
でも、うまい! です。
咖央ってなにかよくわからないまま。甘いもの、何? パンにサンドされてます。 ピーナッツバターの変わりに咖央。

シロップかけすぎたせいでしょうか。同行者は、4分の1しか食べなかった(ムリと言われた 笑)ので、
私が残りは全部食べました。 っていうか、全然平気。


維記咖啡粉麵 Wai Kee Noodle Cafe
深水埗福榮街62號及66號地下及北河街165-167號地下D號
G/F, 62 & 67 Fuk Wing Street / Shop D, G/F, 165-167 Pei Ho Street , Sham Shui Po

深水埗站から近いところにありました。


麺の種類は米粉のほか、意粉、通粉、麺(なんの麺か分からない) があり、
多士は、西多士以外にもありました。

またここのが食べたいと思う。
それと、バッグホルダー活躍しました。


それから、電器やさんに行き、離れると迷子になりそうな店内。
同行者はお目当てのものが見つからなかったようです。
それから、MTRで九龍塘へ。又一城・FESTIVAL WALKにいきました。久しぶりです。

ちょっとお店をうろつき、メインはスーパーマーケットになりました。TASTE がありました。
やっぱスーパーマーケットは楽しいですね。 
そんなに買ったつもりはなかったけど、精算したらHK$500超えた。
何買ったのかしらね。

ビンものも多くて、重いよね。 持ってもらっちゃってごめん。

それから、またちょっとうろつきました。
同行者は、迷ったあげくバッグを買うことに決めたようです。
出張が多い人なので、それ様にとのこと。
買ったキャリー付きのに、最初に詰め込んだのは、スーパーマーケットで買ったビンもの。
ジャムとかはちみつとか、トマトソース・・・笑

なんだかんだで20時。
もうこんな時間かぁ、って行動し始めたのが遅かったもんね。 疲れてきた私と同行者でした。
一度ホテルに戻ります。ビン、じゃまでしょ。






ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 23:25| 香港 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

肥仔の咖哩牛腩飯

黄大仙から戻り、
私はマンゴーの購入とダイガーアイのブレスレットのリペアに佐敦に出かけました。
他もろもろ買って、MTRで旺角へ。
またもろもろ買い、重い荷物を持ちながら、そのまま太子まで歩きました。
重い、重い。早く荷物置きたいよ。。

22時も過ぎて、お腹も空いてきて、あの茶餐廳で食べようと決めてたのに、
出向いたらなんと休み!ショックだわ〜
じゃ、あの茶餐廳だ と思って行ったら、そこも休みでした。

しょうがない、結局ここかぁと、ホテル向の茶餐廳 肥仔なんたら というところになってしまいました。
24時間営業で、なんだかんだで利用してるところなんですが・・・
ほんとはあそこの茶餐廳に行きたかった〜

何食べようかしら。がっつりいけるかな?
點心にするか、と迷いましたが、がっつりカレー飯にしました。

ここの茶餐廳は點心もあります。 お客さん、入るたびに意外と多くて私としてはうれしい。

P1070613gareifan.JPG
咖哩牛腩飯。
具沢山。野菜も多くて普通においしかったです。量、あるねー
もちろん、完食です。

私はそう思わなかったけれど、茶餐廳の割りには出てくるのが遅かったようで
まだテーブルにきていないことに気付いた店員さんが、
まだ来てないのか? と。あ〜はい。。
早く出すように厨房に言ってくれてました。親切ね。

このあと、店頭で、奶黄包も1個買ったんですね。手のひらサイズの。
そのまま温かいうちに食べて、満足です。
奶黄包は、日本でいうあんまんのあんでなく、カスタードクリームが入ったのです。

タバコ吸って部屋に戻りました。
すぐに寝ないで片付けや長風呂や・・・早く寝ればいいのにさ。
ラベル:旅行 香港
posted by tabiori at 00:04| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 港式 茶餐廳など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする