2011年05月16日

佳佳粉麵店

5/4 星期3

帰る日。

喉の痛いのがなくなりつつ、カラダはなんとなく風邪っぽいだるさがあるような、
そんな朝でした。

午前中、朝ごはんのパンを買いに出かけたとき、雨が降り出しました。
このまま天気が悪い日なの?と思われたけど、しばらくしたら止み、午後はすっかり天気がよくなりました。

今度はあせらず帰りたい。
昨夜に荷物もつめておいたし、お昼ご飯を食べて帰るだけです。
ラクラクコースのタクシー+AELで帰ろうとしていたので余裕です。

お昼ごはん・・・
茶餐廳か麺か。

茶餐廳を覗いたら混んでたので、隣の麺やにしました。

麺、しかも車仔麵。
初なのでした。
頼み方すら知らないこと。

お店に入ったら、すぐ具のコーナーがあって、まず麺の種類を選ぶ。
それから具を選んでいくというものでした。
へぇ〜。
私は、具を選んでからそれに合う麺を選びたかったけれど、そうではないらしい。
具は、おでんの大きいバージョンみたいになっていました。


黄色い麺を選びました。

野菜は要る? 要ります。

このお店はブタの大腸が名物とのこと。

えっ、大腸?ブタの?そんないきなり内蔵系って・・・まあいいさ。
じゃあ、これ。と、指差しした大腸。ハサミでちょきちょき。

それから・・・これ。魚丸。

具の種類が結構あって迷います。

それと、これは?レバー?
レバーってそのまま言ってたけど通じるのかしら。
私、レバー?って数回聞いてたけど。笑
ボテッとしたかたまりを見せてくれて、レバ・・・ほんとかな。いいや、それを。
ハサミでちょきちょき。

spicy?   ・・・は?
spicy・・・ あ、じゃあ少し。 

最後に、辛くなるようなのを入れるか入れないか?を聞かれたのでした。

私は全部日本語で答えてました。日本語が通じるわけでもありません。笑


できあがりはこんな感じになりました。

P1080190佳佳粉車仔麺.JPG

白っぽい麩のように見えるのは、豬大腸。ブタの大腸です。
野菜は何の葉っぱなのかな。
奥の丸いのが魚丸、と思って頼んだけど、イカ丸な気がする。カレー味です。
茶色のがレバーを思って頼んだもの。ちょっと違うな。どの部分か分かりません。
spicy のは、確かにスパイシー。辛くなりますが、アクセント程度でした。

スープは、見た目どおりちょっと濃い目。
香港の汁麺からすると濃い目の方だと思う。

黄色い麺は、ワンタン麺とかで使われてるゴワゴワ麺のような
それと同じものなのか私にはわかりません。
そんなゴワゴワしていませんでした。
大腸、おいしいです。味付けがちゃんとしてあります。歯ごたえいいですね。
噛み切れないとかいうのではないです。


おいしかったです。
車仔麵っておもしろいね。


佳佳粉麵店
旺角福全街14號地下


お昼も食べたし、さあ帰りましょう。
結構時間があったので、電車でなくバスで帰ろうと思い、
とりあえずバス停に行きましたが、10分待っても来ない。
ほんとここのバス来ないよね。
そのとき13時半。 
これでこのままバスを待ち、14時くらいに来ちゃって、乗車、
渋滞する可能性あり空港着は15時過ぎ。
まずい、それはまずい。 飛行機に乗れない。
私の便は16:10発。
やはりタクシーとAELだわ。
タクシーうまく通るかしら・・・と数分待ち。

あ、タクシーから降りた人いる、それ捉まえよう〜
シュっと手を出して、サッと乗車、kowloon station, please.

ラクラク。九龍站でインタウンチェックインし、通路側も空いてまして余裕で行きました。

ですが、カラダの調子が悪くなってきたみたいでした。
AELに乗車してから、うーん、ちょっとカラダがえらい?あ〜早く帰りたい。
えらい(キツイ、しんどい)まま、帰宅することになりました。


楽しかった滞在でしたが、最後に風邪を引いてしまったことが残念でした。
4/30〜5/4のGW香港は以上end
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 23:24| 香港 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

風尚台灣小吃 Feng Shang Taiwanese Restaurant

夕方。

人と会う約束がありましたのでちょっと休んでから出かけました。
待ち合わせ時間は18:30。
余裕で出かけました。

待ち合わせ場所までは15分くらい。気温も下がってきてました。
知った道の彌敦道を通って行けばよかったんでしょうが、ちょっと裏道で行ってみようと思いそうしました。
方向は合ってる、真っすぐいって途中右方向に行けば着ける、大丈夫と思っていました。
よく知らない道を通っていたので、
上見たりあれこれ見てぼーっと歩いていましたら、
あれ?なんか違ってきてるようだ、ここはどこだ?と、どうやら迷ってしまったみたいです。


通りの名前を確認。知ってるけどこれいけばいいのか?いや違うよな。
通ってきた道も分からなくなってしまいました。
そうです、私はかなりの方向音痴。
知ってる建物は見当たらないかしら? ・・・ない、見えない。泣
今はどの辺りにいるのか、来過ぎているのはわかる。
方向もあっちでしょう、たぶん。どの道を通り引き返すか・・・
間に合わないよこれは。どうしようか。

小走りしてたら汗が。暑い汗と冷や汗と不調のための汗。

たぶんこっちという感覚で小走り。
しばらくしてようやくつかめてきました。このままいけば彌敦道に当たる!
18:30は過ぎてました。
今待っていますとメールが入りまして、あ〜ごめんなさい。
もうすぐ私も着きます!! 小走りから走りに変わりました。暑い暑い〜

遅れて到着。
立ち話もなんなので、近くの茶餐廳に入りました。
エアコンで冷えひえ。汗が引く。アイスミルクティーでやっと落ち着けました。
もっと話をしたかったけれど、私が遅れてきたくせに、体調がよくないのと急ぎでもあったため、
1時間もしないうちにではまた、と解散してしまいました。 すいません・・・。

道はどうやら、左方向に自然となっていたようです。
右方向でないとだめなのに。
なので待ち合わせ場所からどんどん離れていく・・・
方向音痴が冒険するならもっと余裕のあるときにするべきです。

太子に行くのに、私は深水埗に行ってしまったよう。
見えてはいけない、こっちに行ったら南昌站 まで見たもんね。


(台湾料理のことがまだ出てきませんね 笑 もう少しあとです。)


それから急ぎ足で戻ります。
サンダル履いてるのになぜか靴擦れを起こしてしまいました。 う〜痛い・・
カラダがえらい、キツイよ〜と絶不調。

お腹なんてすくわけないので、回復することを期待して天后まで足マッサージに行きました。
強めでやってとお願いしていたのだけど、相当痛い。痛すぎるくらい。
我慢できなくなりカラダがよじるし冷や汗もでました。 
同行者もかなり痛がってましたね。

どのくらい痛いのかって、私も同行者もうるさい 笑
うー、ひぃ〜、痛いっ! いたぁ〜! 
弱くしてもらえばいいのに、あえて我慢しました。 

マッサージ後は、やはり胃が活性化されたようです。
我慢した甲斐がありました。
お腹も空いてきた感じ。時間は22時半近くになってました。
天后で食べて帰ることにしました。

電氣道を歩き、台湾料理の店を見つけました。こんなところあった?
閉店時間が22:30だったけれど、お店を覗いていたらまだokだというので入ってみました。

台湾料理といえば何?私は、ルーロー飯と啊仔煎と珍珠奶茶、
とりのから揚げが浮かぶのですが、どうでしょうか。

がっつり食べたくないし、くどそうなのもちょっと・・・
米粉以外は小吃の中から選びました。

台北にいったときに知ったことですが、
小吃っていうと量少なく前菜てきなものだよね。

・・・でもなかったです。香港からすれば少なめ?日本くらいの量でした。

P1080171風尚台灣小吃仔煎.JPG
啊仔煎

ちょっと違うなぁ。台北のとはソースが違う。
片栗粉とたまごと牡蠣の焼いたものです。
ソースに違いはあるけれど、これはこれ。いいんじゃないでしょうか。


P1080180風尚台灣小吃青瓜.JPG
涼拌小黄瓜

きゅうりサラダ。
見た目に反して辛い。急いで食べると危険な辛さで喉に引っかかりそう。
にんにくが多すぎでした。もうちょっと少なければさらによかったと思う。

にんにくって強烈とこのとき思いましたね。あとに胸焼けみたいに苦しくなってしまった。
寝る前まで苦しかった。


P1080178風尚台灣小吃豆腐.JPG
冰火豆腐

冷や奴に肉味噌がかかったもの。
肉味噌は、甘辛のではなくて、なんでしょう。中華の香辛料が結構効いてました。
淡白な豆腐に合います。 好きな味でした。


P1080184風尚台灣小吃炒新竹米粉.JPG
炒新竹米粉

普通水準。

私は白ご飯を食べましたが、お米はちゃんと丸いものでした。

味は全体的に普通?
疲れたカラダだったのでよくわからないです。
写真も雑に撮ったみたい。もういいやって感じでした 笑


風尚台灣小吃 Feng Shang Taiwanese Restaurant
天后電氣道39號地下
G/F, 39 Electric Road, Tin Hau



翌日は帰る日でしたので戻ってから荷物のパッキンをしました。
早く片付けて落ち着きたい。
面倒だ、やりたくない〜と思いながらやっつけ仕事で片付けました。
落ち着けたときは1時過ぎだったと思う。
あ〜疲れた。風邪ってつらいなぁ・・・

買った薬が意外と効いてたようで、喉が痛いのは治まっていました。
翌日か帰るのでちょっとラクになっているといいのだけど。
風邪っぴきで飛行機乗るのはキツイんですよね。

ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 01:57| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 台灣菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新星海鮮酒家 New Star Seafood Restaurant

5/3 星期2

喉が痛い。
目覚める前に痛いことに気付きました。
唾飲み込むと痛い・・・これは結構マズイ。風邪引いたようです。
この旅行には、病院の風邪薬を持ってきていませんでした。
こんなときに限って持ってきていないなんてツイてないです・・・
素人目にみても、喉が真っ赤になって腫れているのがわかるくらいでした。

喉が痛いのをなんとかしないと。
薬を買いに行き、喉に効くやつは・・・と探して、この日はその薬でなんとか抑えることができたようです。
頭痛や風邪特有のだるさはまだでてきていなかったのは幸いでした。

午前中はゆっくりしました。
お昼過ぎには、お腹もすいてきたので出かけました。
この日はすごく暑くて、やはり体調もよくないので歩いているとしんどくなってきましたね。

點心を食べにいったのですが、お店探しで結構歩き、私はフラフラしてきまして、
汗もすごくて背中をつたり、額にも汗。暑さのセイなのか不調なセイなのかわかりません。
どこかエアコンの効いたところに入りたい、もうどこでもいいから・・・
空腹感は消えてました。

やっと入れたお店。
汗も引きフラフラ感もおさまりました。
エアコンがキツめに効いてた店内でしたが、私にはちょうどいいくらいでした。
背中もベタベタだったのが、すっかりサラサラに。笑

14時すぎでした。

店員さんに、何飲むか?と聞かれますよね。
「ポウレイ」がなかなか通じない。 笑
発音が悪いんだな、「ポォレイ」 と、私言ってるんだろうなと
分かってても、言いなおすのもちょっと面倒だったくらいです。
「ウ」をちゃんと上げて言わないと通じないんです。

数回聞かれて、他にもなんか言ってたけれど聞く気力もない、どーでもいいわ。
とにかく落ち着かせて、座りたいのよ。

お茶もでてきて、これでやっとフゥ〜と落ち着きました。
お腹も空いてきた感じ。食べられそうです。

どの點心にするかまた迷いましたね。
どういうのか分からないものも頼んでみました。

P1080158新星海鮮酒家沙津.JPG
それがこの點心なのですが、
なんとか沙津巻。
揚げ物とは予想外でした。 沙津はサラダのこと。
フライだパン粉つきだ、とちょっとがっかり。
あっさりしたものだと思い頼んだわけです。
中身は、マヨベースなの?ホワイトソース的なものを皮で包んで揚げました、
というものでした。
セロリだったのか分からない、緑色の角切り野菜が少しと、
パイナップルの角切り。
味は微妙。 野菜よりパイナップルが際立つ。 なんか甘い。


P1080165新星海鮮酒家蘿蔔糕.JPG
瑤柱蒸蘿蔔糕

親指2本立ちお奨め點心になってましたので頼みました。
ういろですね、これは。
1本で出来ているとは思わなかったです。
3枚で出てくる蘿蔔糕の1.5倍くらいの量。
多いなぁ・・
箸で切ると、大根の粒がほろほろ出てきます。それがよかったですね。
食感がいい。
おいしかったです。焼いていないのは初めて食べました。


P1080168新星海鮮酒家蝦芹餃.JPG
蝦芹香餃

えびとセロリの點心です。
具がごろごろとしたあっさり點心でした。


P1080167新星海鮮酒家蠔竹巻.JPG
蠔皇鮮竹巻

湯葉が薄めでしたのでやわらかめでしたが、歯ごたえないわけでもなくておいしいです。 
あんまり油っぽくない。 このレストランは油控えめで作っているのでしょうか。


P1080169新星海鮮酒家叉燒飽.JPG
蠔皇叉燒飽

好みなむっちり皮。とてもいいです。


最近食べた點心の中では満足するものでした。
點心紙(メニュー)は、表裏あり種類がたくさんありました。
小食、麺類、燒味と豊富です。


新星海鮮酒家 New Star Seafood Restaurant
旺角廣華街15-33號明威閣地下至2樓
G/F-2/F, Mainway Court, 15-33 Kwong Wa Street, Mong Kok

旺角のスタンフォードホテル・仕コ福酒店の隣くらいにあります。

おすすめ點心です。



食後は、ランガムプレイスに行きまして買い物しました。
やはり体調がよくないみたい。
勢いがなくて。 そのほうが買い物にはよかったかもしれません。
買い過ぎることがないでしょうから。
夕方には戻りました。
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 01:12| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲茶する(九龍サイド) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする