2011年12月24日

外賣叉燒飯

12/6

帰る日。

パン、買っておいてよかった・・・
遅くに寝たので朝の眠いこと。何時に起きた?

早く起きたけど、再度寝るのもどうかと。どうせ寝れないし。
なのでガンガン動いた。
いろいろ。買出し、片付け、買い物・・・一番よく動いたかも。
気温も上がってきてた日だったので、動きまわったので暑くて。

朝食べたパンもすっかり消費され、買出しついでに
日本に持って帰る用にお気に入りパンやで数個買い、
パイナップルパンあんこ入りはお昼ごはん前に食べるつもりで買って。
重いものを買ってたので腕は抜けそうだし、パンの袋もあるし、おまけに暑いしさ。

休憩で、そのあんこ入りパイナップルパンとコーヒー。
なんでこんなにおいしいか、このパン。 甘いんだけど、ここのパンの味とふんわり感とあんこがたまらん。

食べてから買い忘れのものあり、再度出かける。
BODY SHOPへ。家用に買うことを忘れていたのだ。 シャワージェル等買うだけのつもりだったが、
ついついこれとこれも、と買ってしまう。
ついでに沙沙にも寄る。 探し物があったので他数件のお店にも入り・・・

お昼ご飯の時間が迫ってきた。
飲茶しようかと考えていたけれど、そんな時間がなくなってしまい、
じゃあ、食べなかった叉燒飯でも、と、持ち帰りした。
前から気にしてた叉燒飯で、安いんだよね。

火鍋や(ではないけど)の榕榕客家棧の外賣部というのがあって、
叉燒や白雞等、點心等の持ち帰り部門のコーナーがある。

白雞飯か迷ったけど(15HKDだった)、やっぱり叉燒飯にした。
お会計窓口のところで買ってレシートをもらい、
並びの燒臘などの窓口で叉燒飯〜と言って、
肉を切ってもらい受け取る、というしくみだった。

値段が17HKD。安い、しかもスープつきだった。
榕榕客家棧叉燒飯.JPG
叉燒、まあ、普通においしい。
ジューシーだった。蜜汁というわりには甘さは控えめで、ご飯の量がわけわからん大盛りでなかったのがいいかも。
こういうお持ち帰りとか、肉のせ飯とかのご飯の量大盛りが多い中、めずらしい。

残さずきれいに食べて、買ってきたものを詰め込み、
注意して再度注意して、さあ帰る
と、出発したけど、注意足りずなんかぽろぽろ落し物や忘れ物が。。


空港に着いて、余裕があったので一息つくのに奶茶とあまりおいしくなかった奇華のクリームパンを食べてるときに
そういえば點心食べなかったなぁ、と。 食べてない!!という気持ちもあまりなく、まあ次食べればいいかって。
今回、食事内容に満足してたらしい。 (いつも満足していないわけではない)。

とっても寝不足だったけど、機内では一瞬寝た?くらいしか眠りに落ちず、セントレアから家までの電車でもずっと立ちっぱなし。
帰宅して、荷物をだして、(また)パン食べて、お風呂に入り、
メールして自分のベッドに倒れこんだのだった。。

12/2から12/6の香港旅、以上。 楽しかった。。



 
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 02:55| 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | 港式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新斗記

12/5

雨が少し降りだした。それでも寒くなかった。

同行者が友人より聞いた、そんなに高くなくおいしいとのことで新斗記というレストランに行ってみることにした。

行く前に翌朝食用のパンを買うぱん、私は話していると買わなきゃならないことを忘れてしまうし。
翌朝は早い起床のため朝買ってる余裕はないし。
駅構内のパンやさんとかも時間的に残りものしかなかったりで選べなく、
でも、買うぱんとか、行くぱんとかなんとかぱんとか。
言えないけど書けるわ(笑)
で、佐敦站近くのBreadTalk というパンやさんがまだ開いていたし比較的残っていたので、ここで買った。
日本のパンやみたい。翌朝食べたけど、味は別に普通。次に買いたいかといえば別にいい。


すっかり遅くなり、新斗記に着いたら20時半ごろだったみたい。
何分か待ったので待ち時間に撮った写真がそんな時間だった。 
新斗記宣伝.JPG
お店の表に張ってあった。
なんか高いお値段がついたものだったけど、お値打ちでなお店ではなかったのか・・・

待っている間にメニューをみた。安心、普通の値段の料理もありました。

看板メニューのひとつ、乳豬。
私、これは苦手で・・・脂です!感が、ちょっと。 ほんとにメタボまっしぐら料理。
ちょうど焼いてらしたので・・・

新斗記乳豬.JPG
あ〜、とてもファイヤー。。。
苦手といってぶたにとても申し訳ないと思う。
焼いてはナイフで切り込みいれては脂を出して、焼いて・・・と、
腕にたっぷりタトゥーを入れたお兄さんがひたすら。


結構、待つ。
新斗記入口.JPG
お店の入り口。
海鮮のお値段。毎両いくらとかの。 達筆すぎて読めん。
赤に白ってやっぱり強烈。

ようやく呼ばれて上階に上がると、あーいいお店。ちゃんとしたとこだったんだ。
こういうところに来るのは久しぶり。やっぱりいいなぁと思った。上品になれるし。

また料理を選ぶのに時間がかかり、食べ始めたころは21時半。

新斗記西蘭花帯子.JPG
西蘭花炒帯子
帯子、おいしいー半生状態だった。あ〜こうゆうの久しぶりで感激した。
見た目もキレイ。


新斗記啫啫排骨.JPG
啫啫排骨なんたら。
啫啫というのはjyujyuと英語表記されていた。
土鍋でジュージューという意味か。
運ばれてきたときは、ほんとにジュージュー音がしてた。
排骨とレバーのジュージュー。 これはご飯がほしくなる味付けだった。
レバーが、食べたときにレバー独特のうにゃっとしたのがなかったので、
レバーじゃない?と思ったけど、いや、レバーだった。
おいしいです。


メニューを決めてるときに私は気分が悪くなり、一時離席。 
その間、同行者が麺のお奨めを聞いたところ、炒麺だったようだ。
で、頼んだ。
新斗記豉油皇炒麵.JPG
乳豬豉油皇炒麵
量が多い。麺って特に多い気がするが、私達は全部食べた。
油っぽくなかったし、クタクタしてなくて私はおいしいと思った。


こちらは、日本人率が多いのか、せっかちな店員さんで日本語で言ってきた。
私は気がつかなかったが、同行者があっちとこっちは日本人のよう、と気付いた。


いいお店だった。 ここ、お奨めです。
翌日は早起きしなきゃならないし、さあ帰りましょう。。


新斗記
佐敦長樂街18號18號廣場地下及1樓
G/F & 1/F,18 Cheung Lok Street, Jordan
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 01:46| 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | 廣東菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

KFC in HK

12/5
夕方、あわただしく出かける。
余裕あり用意してたが、のんびりしすぎてしまったようで、しまった!
MTRまで走り、降りてからも走り・・・
電車乗ってる以外は走ってたら暑くて。 この日は気温があがっていたようだ。

またギリギリ、今回も中途半端な時間しかなくてごめんなさい。

で、中途半端な、お茶するだけしか時間がなかった私で、佐敦のホテルで知人と待ち合わせ、
どこでお茶するか・・・・この辺りは詳しくないし。

じゃあ、ケンタッキーにでも、ということになった。
私も知人も初KFC in HKだ。

日本でも入らなくなったKFC、学生のころはよく利用したなぁ。。
ちょっと新鮮だった。

18時で、ちょっとお腹も空いてたのでエッグタルトが目に入り、食べちゃおう、で、暑いから凍奶茶。
こっちは英語で頼んでいるけど、
店員の子が、中途半端な日本語(こんなことを言ってはだめね)で、ちょっと分かりづらく、頼むのに時間がかかった。
でも、日本人だからと日本語で言ってくれるやさしさはエライね、と感心。

KFCエッグタルト.JPG
おいしそうでしょ、エッグタルト。それと凍奶茶。
アイスミルクティーは、ちゃんと香港式だった。それを望んでいたからいいけど、
ファストフードでも濃いミルクテイーなんだね。いや、おいしかった。

エッグタルトは、ちょっと甘すぎかも。それでも意外とおいしかった。
パイ生地タイプのだった。 パイは、さくさくしてたし。

パーティーバーレルあるんだ、と、トレイの紙で思った。ふ〜ん・・


ぺらぺら話して、すぐ時間が経ってしまった。
知人の方曰く、香港に住みたいならその気になれば、って、そうかもね。
私に気合がないんだろうなぁ・・
話足りないけど、また次こそゆっくりと食事したいと思う・・・・

ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 23:35| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 西式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする