2012年07月29日

去咗稻香飲茶。

7/14
土曜日なので朝ゆっくり寝れた。
ごはんは・・・・點心にしよう。で、行った。
朝昼ごはん兼用、しかも12時とっくに過ぎてるし。


稻香へいくことにした。
ここも、點心の味は普通においしく食べられるとこですね。


お昼の時間だし土曜なのでしばし待つ。

食べるものを決めるのにまたまた時間がかかり・・・

結果、頼みすぎた。



稻香大角咀 川汁抄手.JPG
川汁抄手
おいしいけど、「川汁」という割には辛くなさすぎ! まーったく辛くない。
ピリ辛でもなかった。 もう少し辛味がほしいところ。



稻香大角咀K椒豬大腸.JPG
K椒豬大腸
濃いい味つけ。 豬大腸のクセを隠すかのよう。
もう少し、下処理した方がよかったと思われる。



稻香大角咀 、叉燒飽.JPG
叉燒飽
私は当たり前のように點心紙に一番初めにチェックをつけた。
うまい。 皮がうまい。


稻香大角咀煎香銀蘿包.JPG
煎香銀蘿包
続いてまた粉モン。
これがヘビーで(笑) おいしかったのだが、粉モンだし煎なので焼きに使った油がまた・・・
皮がもっちもちしてて、白粉だけでなく、穀類なんかも混じってた。
中身は、だいこんのちょっとシャリ感が残るあん。 だいこんの甘さがある。



稻香大角咀 菜心.JPG
白灼菜心でさっぱり。



稻香大角咀 鮮蝦腐皮卷.JPG
鮮蝦腐皮卷
エビの湯葉の巻いた焼いたやつ。 うまし。



食べすぎ、苦しい〜といいながら戻る。
このあと、なんかいろいろやってて、出かけるのが遅くなってしまった。
もう1時間、早くでるつもりだったのになぁ・・・
それからアバディーンに出かける。


稻香 Tao Heung
大角咀大角咀道38號新九龍廣場1樓127-160舖

ラベル:旅行 香港
posted by tabiori at 00:38| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲茶する(九龍サイド) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

Berliner German Bar and Restaurant

7/13
金曜夜だし、あえて灣仔のお店にいくことにした。
open riceで住所が灣仔。 地図まで確認していない。
MTR灣仔で降りて適当にさがせばあるでしょう、と思っていたのだが・・・


軒尼詩道の住所。 軒尼詩道を結構歩くがなさそう。
どこだ? となってしまった。
スマホでopen riceを確認。すると、どうやら反対方向に歩いていたようだ。
えーっ? この暑いのに・・・逆戻り。
またまた歩き開始。
でも、地図上で指している建物名、なんか違う気がする、ここにはないでしょう
と途中で気付く。番地もおかしい。

open rice 地図間違っている!!どういうこと?

最初に歩いた方向で間違いなかったわけだが、どれだけ私達は歩いたか。。
結局タクシーで向かうことに。
あ〜タクシー快適。

住所告げて、タクシーはどんどん進む。
すると、えーっ?ここ? この位置だったら私も知ってたわぁ。。
open rice のお客様センターに連絡したいわ、違うぞ! と。 って
そんなの無さそう・・・


やっと到着。 時間も結構経ってしまった。

入り口のお姉さん、英語でなにやら言ってる。 とても聴きづらく何を言っているのかわからない。

「メニューにはアルコール類が載っているが、ライセンス取得がうまくいかず、今お店にはない」
「だから、そこらで買ってきて持ち込みしてOK」
「まだオープンしたばかりで間に合わなかった」
ということらしい。

それには友人落胆・・・えーっ!! でした。

私達は、ドイツソーセージを目的にここに来たわけだが、私はアルコールは飲めないからいいけど
やっぱり飲む人にとっては、ビールでしょうね。

ドイツビール飲む気だったのに・・・・と友人。 お気の毒です。

とりあえず、中に入りました。

Berliner店内.JPG
店内はこんな感じ。
奥の方では、なにやら宴会をやっていました。


窓側の席を案内してくれた。
景色、いいね。

Berliner 店内景色2.JPG
ヘネシーロード。
お店はヘネシー沿いの建物の中の4階。
見える景色に、ここだったんだよねー知ってるじゃん、結構歩いたわ、とつくづく思う。


気を取りなおしてメニューを。
ソーセージとサラダで。 

ソーセージはボリュームがあるが分かっていたのでこの2品だけ。
頼んで、友人は近所にビールを買いにでかけました(笑)


Berliner サラダ.JPG
アスパラとハムのサラダ。
ハム、塩分が効いてました。野菜とよく合う。 ビールにも合うでしょうね。



Berliner ソーセージ盛り合わせ.JPG
ソーセージの盛り合わせ。
4種類のソーセージと、ポテト。 キャベツあり。
やっぱりボリュームあり。
それぞれ味が違うので、楽しめた。
テーブルには、フレンチマスタードとハニーマスタードが置いてあるので、
私はフレンチマスタードたっぷり付けて食べてました。

お腹に溜まった、量多い。


Berliner アイスティー.JPG
私のアイスティー。 でかっ!
お腹ちゃぽちゃぽになった。


なかなかよかったのではないでしょうか。


Berliner German Bar and Restaurant
灣仔軒尼詩道314-324號W Square 4樓
4/F, W Square, 314-324 Hennessy Road, Wan Chai


今はアルコールもちゃんと置いてるようだし、open riceの地図も合ってる。
湾仔と銅鑼灣の間くらいのとこ。
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 18:09| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コ國菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

雞じいでお昼。叉燒飯

7/13

朝ご飯になにもなく、香港パンやに走りパンを調達。
それから、いろいろごとごと片付け等。

この日の予定は、お昼食べて、両替して、銅鑼灣に行ってスキンケア品の下見、
ドライフルーツ等を買う。
その後、マッサへ。 18時すぎには部屋へ戻る。 
と、片付け中に考えた。

お昼になり、腸粉か叉燒飯かに迷う。 腸粉はプリンスエドワード。

どうしようかととりあえず外に出た。
出ると、私の行きつけの乾物屋がすぐある。 
腸粉かな〜とその方向へ行くと、
ちょうど店主が外にでていたので、れいほう〜!と、あいさつ。顔を覚えてくれてるので。
思わずお店に入りそうであったがまずはご飯だと、入るのをやめた。

方向を変えると叉燒飯。

叉燒飯にしよーっと! 
おやじの店は、「雞じい」。 
1人では行ったことがなく、お昼に入ったこともなく。
おやじ、覚えててくれるかな、とちょっとドキドキ。

まあ向かった。
太爺雞.JPG
「雞じい」こと、太爺雞。


お店に入る。
お〜混んでるね。 お昼どき混んでないと悲しいけど。
ちょうとテーブルがあったので座れた。
もちろん、おやじを探す。 いたいたー!気付いてくれんかなぁ・・・


お昼は、なんたら飯と、例湯か奶茶か檸茶、等のセットあり。
私は、叉燒飯+凍奶茶にした。
昼だと奶茶もあるんだな。

ここのとりちゃんは、ほんとにうまいのだが、あえてちゃぁしうにした。
っていうか、前から気にしてたので。


奶茶からきて、はい、叉燒〜 ときた。
ん??ついで、ご飯。
・・・・あ〜ここのは別々なんだ。
蜜汁叉燒飯 って書いてあったから絶対ご飯の上にのってるものだと思ってた。

太爺雞 叉燒飯.JPG
叉燒〜!
その横にこんもりのご飯。ご飯の量は多い。
さっそくいただく。
叉燒は柔らかく、蜜汁という割りにはここのは甘さ控えめだった。まあまあ(失礼だが)。
正直、とりちゃんの方がうまい。

私は読み物もして食べてたんだけど、その途中、テーブルをちょっとずらすわ、
と店員さんが動きだしてて、その人みたら、
あーっおやじぃ と私は言ってしまった。もちろん日本語で。
そしたら、お〜、れいほう、れいほう〜と。  おやじ、私を覚えてくれてたのね。(涙)
で、スープ出してくれた。 伝票についてなかったからサービス。

なんだろ、この妙なうれしさ。
なんか、すーっと降りた。つっかえてたのが降りてきたの。
私、ほんとにこのおやじのこと好きなんだなぁ(人としてですけど) 
感謝です。

いえ、もちろん香港に着いて友人と会い、そのときに、すーっとつっかえが降りたのが先ですけど。

大そう気分がよくなり、食事も終えて、おやじにバイバイ〜 お〜bye bye
手を振ってお店をでた。


太爺雞
大角咀中匯街7-9號地下
G/F, 7-9 Chung Wui Street, Tai Kok Tsui




それから、銅鑼灣へ。
タイムズスクエアをうろうろし、それから乾物屋へ行く。結構買って
それからササに行き結構買ったので手荷物重い!!

フラフラしながら、トラムで天后へ。
行きつけのマッサへ。

hello~ と入ると、店主なのかあのおばちゃんは? いつも店頭に座ってるんだけどね。
その人が、私の顔を見るなり、
u~~Henryは、 今忙しい、たぶん30分あとになるよ、待つ? と!
私、まだカードも何も出してないのに!

あ〜やっと一見さんでなくなった? うれしい!!

ここに2007年から来てる。
その間、店舗縮小されたし、人もだいぶ辞めてったし。今いる人たちは、ずっと前から知ってるけど。
たぶん向こうも、数日続けてくる日本人だ、と私を知っていると思うが。


あ、奥にHenryが。 手、降った。

とりあえずカードを出して数分待つこと。

○○(私の名前を廣東語よみで)、ちょっときて。と店主。 名前で呼ばれたことにまた感激。
だって今まで小姐(しうじぇ)と言われてたから。
○○、Henryはまだできない、Jackyでいいか? 
いいよ、と私。 あー、Jackyか。彼は粗いんだよね、でもまあいいか。

数年前にマッサしてもらったJacky みため怖いんだよね。いつも眉間にしわ寄せてるし。強すぎるし。
ポイントはずれてないのでいいんだけど。
足とカラダの両方のマッサをした。
カラダの方がとくにラクになった。 Jacky、乱暴だけどすっきりしたわ。そしてちょっと打ち解けた感じ。
よかった。
私のこころもすーっと降りてきた。


ちなみにHenryも見た目こわい。
次の予約をいれた。 店主がJackyのいる前で、どっちがいい?って。
Henryで、と言ってしまった。 ごめん、Jacky だった。 


この日、2店舗で私を覚えてくれたことに妙なうれしさがあった。

足安康.JPG
真ん中に見える、ピンクの看板。 足安康


すっきりし、外に出るとすごーい雨雨雨!
数分待ったらやんだ。
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 03:04| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 港式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする