2013年08月30日

VISA取得した。ホッとする。

昨日(28日)水曜日の早朝から新幹線に乗り、東京までいった。
タイ大使館でビジネスビザを申請しに。
申請日の翌日に発給されるので、お泊り。



この数日行くまでに、結構なストレスで。
申請書等に記入不備が無いように、添付するものとか。 何度も確認。
はねられたら、また東京まで来なくてはならない。 新幹線代もお泊り代もばかにならないのだ。


就職先会社からは、謄本コピーや招聘状原本、添付書類は送られてきたし、
私が追記する箇所や作成するためのサンプルも郵送されてきたし。
会社側が一部分、手書きで作成されていた。

経歴書やギャランティーレターは自ら作成を、と会社より。


それは、いいけれど
タイ大使館HPによると、申請書等手書きでもOKだが、確認に時間がかかる。
そんな記載あり。


手書きでいいんか??  
手書きで記入されているから、追記と他の2通も手書きにしないとおかしいよな。
。。。不安。

タイは、青色で記入するのが正式らしい。 日本は黒色で青はだめなのよね。
当然、青色ボールペンで記入してあったから私も青色で。



申請書の一部で、前回タイに入国した日を記入する必要がある。
そんなの覚えてないし。 10年くらいまえ? 一回目は覚えている。初海外で1990年だったから。
今までの旅で、1990年バンコク旅が一番の衝撃を受けたのだ。それを超えるのは私には未だにない。
ま、過酷そうな国に行っていないからなのだが。。。


で、
前のパスポート、残しておいてよかった。
すごいめくった。 前はいろんな国に行ってたし、はんこが一杯で
どこにタイのはんこがあるの? どれ? 見慣れていないので余計に探しにくい。
あった! 2002年だったわ。




申請時必要書類の中で、タイ入国の際の航空券の予約確認書かEチケットも必要。
これが特に不安だったのだ。


申請日前日に、チケットを買った。
相当迷って。。。

名古屋→香港→バンコク で入国する。

CXで香港ストップオーバーでバンコク入りのFIX往復か。
往復だと安いから。
復路は捨てるつもりだったのでいいけれど、もしかしたら本当に一時帰国するかも。じゃ、復路は何日にしようか。

CXの受託荷物オーバーチャージも高い。うーん。。。お金ないし。


オープンにするか。 そうすれば一時帰国の際のコストも抑えれられるんじゃないの?
とか。

チケットをどう買うか、値段、航空会社等を必死に調べて、結局
名古屋→香港、 香港→バンコク と分けて買ったのだ。それも片道チケット。
私の中ではベストチョイス、値段がね。


香港→バンコクは、LCC。
普通、Eチケットであるでしょ? 予約確認書とか。 それがなぜかない。
なんで? 問い合わせしたけど、チャットしろと。 なんなのー!



チケットコピー添付しなきゃならないのに。 しかも英文の。
英文のは、完了しましたメール が、唯一全部英文だった。 それなら搭乗者名も便名も出発日も記載ある。
これ、コピー。

予約番号と搭乗者名の英文は画面上出せるけど、あとはないんだよね。
それもコピーしたし、何か知らんが保険のは英文で添付ファイルとして送られてきて。
予約番号と搭乗者名、保険内容。関係ないが、買ったわ! と大使館にアピールのためそれも提出した。


なぜ香港から? と思われるだろう。
香港にちょっとだけ滞在するから、香港入国日と出国日が違うんだけど、まあいいわ。
念のため、名古屋香港間(は、Eチケットあり)も添付したった。
飛行機関係で何枚添付したかしら。



前職の在籍証明書も。これは、保証人の公的コピーあれば不要みたいだけど提出したればいいわ。


国籍によってやはり追加書類があるのね。 日本国籍はそれらより少ない、ちょっと助かる。


申請日前日夜、寝る前に何気にタイ大使館HPをまた見直しした。
そしたら、チケットはタイの出国日の記載もあるもの。 と書いてあるじゃない?
別サイトでは、オープンは不可。 

まずは、オープン買わなくてよかった。
でも、私は片道なんですけど。 出国日なんで記載あるわけないし。

。。。。もういいわ。 いい。 これで書類はねかえされて、ダメならチケット買いなおせいいんでしょ。
金出せばいいんでしょ、また東京までいけばいいんでしょ、と開き直り。
で、遅くに寝たった。


当たり前だけど、書類はすべて英文でないとだめ。
日本語のものだと、翻訳してそれを証明するのに日本大使館で証明してもらわないとならない。
そんなのわざわざ行けない。 だからチケットコピーごときに英文にこだわったのだ。




3時間足らずの睡眠で、新幹線に乗り、大使館に向かった。
予約時間より早めに着いたけど、空いているとのことですぐ受付してれた。

私の前に2人申請してた。
何かいろいろ聞かれてる。

やだなぁ。
手書き。時間要するってどれくらい?
チケット、それで大丈夫? カウンタ−越しでドキドキ。

数分。 5分かかってない。
じゃあ、申請書に写真貼ってください。 後ろにノリありますから。


は? はい。

写真貼りはり。

はい。と再度カウンターに提出。

では、明日この時間に取りに来てください。 

あ、はい。わかりました。 



ふぬけ状態な私。 何にも質問もされず。
まじですか。 こんなんで終わった?  かなりホッとした。


その夜、友人たちと会った。お祝いしてくれた。
バンコク入りのお祝い。
すごく楽しかったし、よく笑った。また話が通じるし。
そしてうれしかったぁ。。ありがとう!!
バンコクで待つし♪



翌日今日(29日)木曜日。 
再び大使館へ。
ペラ出して、パスポート見せられて これですね? はい。
はいどうぞ、と受け取った。早い。


VISA取得。


あとは、バンコクに行くだけ♪

まあ、もちろん荷物とか準備あるし、友人たちに会う約束もしているし。それまでまた忙しい。

posted by tabiori at 02:10| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Bangkok 曼谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

caffè HABITŪ @TST その2

帰る日。
P1120259.JPG
暑かったなぁ。




帰りのバス停が近く、ホテルに預けておいて取りにいくのも面倒だしスーツケース持ったままお昼を食べにいった。
ここに来れるのも次はいつのことか。。







P1120253 caffè HABITŪ.jpg
チキンとほうれん草とチーズのピタ。それとコーヒー。
アボカドとサワークリーム、サルサソース付き。

ハビツってイタリアンカフェみたいだけど、こちらはメキシカン。
なんでもありです。


おいしかった。
粉もんも質感もぱさつきはなかったし、具もバランスよかったし。

ケーキを食べに来た時とおんなじ席に座った。


caffè HABITŪ  
Shop B1017, Miramar Shopping Centre, 132 Nathan Road, Tsim Sha Tsui
尖沙咀彌敦道132號美麗華商場B1017號舖





タブレット等触り、考えごともしてて。
転職してみるかとか、次に香港にくる意味はなんだろうかとか。
私はどうすればいいのかとか。いろいろ。 ほんと、いろいろ面倒だ。


すっきりしないまま、バスに乗り空港へ。
まあそしたら遅延の、セントレアでも電車が異常。。冒頭で書いたことですが。。



5days and 4nights in Hong Kong の旅は以上。 終わり。



今度はいつ来るのか?と考えていたこと。。。結局は、
9月初めにちらりと香港に寄るつもり。寄る意味もどうなのかと思うが、やはりムリしてでも寄るべきだろう。
だっていつ香港に来れるかわからない。
だが、ほんとに行くべきなのか。。。自問自答。
どうすべきかは自分でよくわかっているけれど難しい。疲れた。

そして、
「寄る」というのは、私はその後、バンコクへ行くことになった。
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 00:51| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 麵包/西餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

今回の菠蘿飽 その2

帰る日の朝に再度購入してみた。

例の水っぽい菠蘿飽を。
あの日だけだったかもと思って、朝買いに行った。
並んでいるんだよね。香港ぱんやが他にないからだと思うけど。


他のパンの方がおいしくみえたけど、肝心の菠蘿飽。見た目やばそう。
四角いし、ふっくらしてない。
期待できないなぁ。 とりあえず並んだ。
迷うな、どうしよう。 考えている間に私の番がきた。


「菠蘿飽、んごい」 はっ! 言ってしまった。
で、もう一個は別の。「りご、んごい」


繋がってしまっている菠蘿飽をヘラでやっぱりはぎとって袋に。
できたて。


P1120232 華龍咖啡屋餅店 菠蘿飽2.jpg

一応、菠蘿飽。
ヘラではぎとった感の薄い菠蘿飽だ。
どうなのか、これ。 






P1120234 華龍咖啡屋餅店 蛋糕.jpg
もう一個の蛋糕。
こちらもね。 黄色1号 とか着色料使いましたよね?的な、若干不自然さがある黄色。
まあそれは、タマゴをたくさん使ったからでしょうと自分を納得させた。

そして、菠蘿飽よりおいしかった。


菠蘿飽はやはり水っぽいパン。 なんだ、前とかわらないじゃん。
しかも膨らんでないし。四角風だし。外のかりかりはOK。

ドラゴン〜 もう少し菠蘿飽のパン改良したほうがいいと思うよ。 いらんお世話だろうけど。



華龍咖啡屋餅店
Shop 7-7A, Cameron Road, Tsim Sha Tsui
尖沙咀金馬倫道7-7A



このあとは、またお昼にハビツで粉もんけい。
それから空港のマックでおいしくないシナモンロール風。
帰った夜中に食べた塩らーめん。
粉もんパラダイスの日だった。
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 01:32| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 麵包/西餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする