2018年08月12日

陵發潮州白粥

がちょうを食べにいく。
焼鵝でなくあの店の鵝片を食べることが香港に来た目的のひとつ、友人がなんといおうと私は決めていた。

MTRで太子まで行き、地上に上がって…
うわぁぁぁぁ〜太子に来たよー!とひとりテンションが上がる。懐かしすぎてたまらんかったね。
友人はなんの思い入れもない場所なので、こんな場所で?と思ったかもね。
パンやのジミーちゃんは健在だったし、高架下とか、この道がとかどうでもいい箇所でいちいち感動した。
そして、あの子と来たらこの感動もまた違うんだろうなぁとしみじみ思ったね。とりじいとか一緒に行きたいなぁ…


店に行く。
夜9時くらいだったけど店内は相変わらず混んでいた。
鵝片を注文したら…もうあ〜 って返ってきた。
えーっ!無いの?うそ!
滷水鵝ならあると言っている。
…仕方がない、滷水鵝にした。遅めに来ると鵝片はなくなってしまうのかも。
通菜も注文したら、それもないって。まあ通菜はどうでもいい。別の野菜にした。


tyosu1.JPG
韮菜花
こういうのはバンコクにもあるけど味付けが違う。やっぱり香港の方がいい。
そういう意味では通菜を食べたかったかも。




tyosu2.JPG
滷水鵝
この味!食べたかった。やっぱりおいしい。
滷水鵝でもいいけど骨があって食べづらいから鵝片がいいんだよね。
また食べに来たいわ。




tyosu3.JPG
豉椒灼蜆
これは私は食べていないので分からないけど友人が言うにはおいしいとのこと。
豆豉を使ったたれなのであさりでなくてもお肉でも合うし、ごはんが進む味。


ほんと、ここに来れてよかった。


陵發潮州白粥
太子新填地街625-627號地下
posted by tabiori at 14:47| バンコク ☀| Comment(0) | 潮州菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする