2013年07月11日

The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 宝軒酒店尖沙咀

尖沙咀のホテルに泊まるなんてすごい久しぶり。

いまさら尖沙咀? いやだなと思った。
なぜなら、観光客(私もだが)多いし、意味わからん人たちも多いし。

私の予算がなく、なるべく安いホテルを探したらここになったわけだ。


いやだな、と思っていたが実はいやでなかった(笑)
実際泊まったら新鮮だったのだ。
それは、ホテルの位置がナッツフォードテラスの近所だったからかもしれないが。



わざわざ尖沙咀に出向く、という感覚は当たり前だがないし、所詮便利なところだと改めて思う。
中環もすぐだし、買いたいものも揃っているし。

ただ、だめなのは香港パンやさんがないこと。
探したが見つけられたのは1件だけ。


最初はホテルの場所はわかりにくいかも。
地理的にわからないと迷うんじゃないかしら。
でも、一度行けば、ここ曲がって曲がってとか複雑でないので問題ない。

私もあまり自信がなかったが、金巴利道を行けばあるでしょ。とそんな感じで適当に行ったら着けた。



A21のバスに乗り、下一站金巴利道と表示されたので降りた。

金巴利道をまっすぐひたすら。
途中、地図があったので見たけど分かりづらい地図だ。
確か、スタンフォードヒルビューの近所だったはず。
とんでもない坂道を上がり、、、あ、あったわ!


周りは工事中。
そう、このホテルは今リノベーション最中。


ホテルのフロントは19階。
2機しかないエレベーターで、ヘルメットかぶったおっさんと同時に乗り込む。
1機はゲスト用。もう1機はカーゴ兼ゲスト用。
どちらが来るかわからない。



フロント着。
至ってシンプル。

ホテルスタッフは感じがいい。
私は、スーペリアダブルを予約していたが、ハーバービューダブルにしてくれた。



エレベーターは、カードキーをかざさないと上がれないシステム。




P1120065 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui kesiki.jpg
部屋からの眺め。
香港島が遠くにみえる。天后とかあたり。
チェックインした日の天気。





P1120060 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 4.jpg
ドア開けたところにクローゼット。
その横にデスク。

使い勝手は悪くないと思う。





P1120086 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 3.jpg
シャワーのみ。
色が違うのは、これは夜に撮ったので。
シャワーはちゃんとドアがあるのでトイレは水浸しにはならない。

アメニティーもひととおりあり。 ホテルオリジナルのもの。
私は使っていない。
シャンプー、コンディショナー、シャワージェルにボディーローション。
歯ブラシ、くし、綿棒とかもあり。


ドライヤーは部屋の引き出しにあり。


P1120084 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 1.jpg

ベッドもなかなかいい。







P1120085 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 2.jpg
ちょっと散らかしてますがww
引き出しとか収納スペースが結構ある。

コンセントが鏡のところにもあるので、鏡の前でドライヤーは掛けられるので便利。
また、コンセントが結構いい場所に各自あるので、充電もしやすい。
i podドッキングあり。


フリーWi−Fi。
全室ノースモーキング。


シャワーのみがツライけど、使いやすい部屋だと思う。
ここ、良いと思う。
次も泊まっていいかも。



場所は、ナッツフォードテラスを通ればすぐある。
MTR尖沙咀までは徒歩10くらいかかるけど、ミラマーセンターが近く、彌敦道までも遠くはない。
夜のナッツフォードテラスは人が多くて歩きづらいけどね。

滞在中、3回ナッツフォードテラスのお店を利用したわ。




The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui
宝軒酒店尖沙咀

5-9 Observatory Court, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
尖沙咀天文台圍5 -9號 - 香港九龍


ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 00:19| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック