2013年12月08日

旺角の深井陳記燒鵝茶餐廳



がちょうを食べに行った。

西多士を食べて、友人は思っていたより早い帰宅をされ、
思ったとおり、西多士がひびき食欲少だった私。

食べられなくはない。


深井まで行こうかなんて思ったりしたが、やはり近くでいいよねと
旺角で。



P1130061 深井陳記燒鵝茶餐廳 旺角 店内.jpg
深井陳記燒鵝茶餐廳
旺角、同じ通りに2店舗ありキレイな方に入った。新しい方というべきか。


頭つきまでたくさん食べられないので、程よい量のがちょうと野菜にした。
がちょうは、頭つき、身だけ、モモ部分(確認してみてわかった)も入ったものと
それぞれあり。

モモはくどそうだから今はいらない。
すべては、西多士のせいである。



1P1130067 深井陳記燒鵝茶餐廳 旺角 .jpg
白飯がまるでどんぶりかのよう。
そこまで大きくないです。 








P1130064 深井陳記燒鵝茶餐廳 旺角 がちょう.jpg
焼きがちょう

脂がのってた。申し訳ないが脂が剥いでしまった。
これでも結構多くて、2人で十分な量です。
おいしかったなぁ。。







P1130062 深井陳記燒鵝茶餐廳 旺角 菜.jpg
野菜。
味付けがうまい。
どういう調味料なのか。 蝦米とかでもなかった。
なんでしょ、好みだ。



中華ってやはりおいしい。
タイ料理みたいに薄っぺらな味ではない。

お腹いっぱいになってしまった。 とても満足。





深井陳記燒鵝茶餐廳  Sham Tseng Chan Kee Roasted Goose  
旺角新填地街
Reclamation Street, Mong Kok
ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 19:28| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 廣東菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック