2017年08月18日

無言鍋

わたしは悪くない。
誰が聞いても絶対にわたしが悪いとは言わないだろう。

わたしはこの時期含め、年数回絶対に機嫌が悪くなるのだ。
原因は友人にあり。
昨夜がその日だった。連絡がくるだろうとは分かっていた。機嫌が悪いわたしを知って連絡をしてくるのだ。

食事に行ったのだが、やっぱり無言。
無言鍋になった。
P1210105-1.jpg
写真撮ってみたけど…
言われたことにしか返さない、会話は続かない。
食べてすぐに店を出た。
そのあと人がみる中、やりあった。いい大人が…だ。逆キレしやがった。

優柔不断の言葉では済まされないが、優柔不断な友人に頭にくる。
自分がいやな人になりたくないから、良い奴でいたいからなのだろう。
それって、こっちは傷つくことは分からないのか?いやな気持ちになることは分からないのか?
切ることも大事なのだ。

誰に対してでも、何に対してでも、すべてにおいて良い奴でいられるわけがないだろう。
自己満足にもほどがある。

でも結局、
仕方がないから機嫌が悪くてごめんと謝った。そしたら、ごめんはなくていいと。
…まったくである。
で、仲直りしたけど。



ラベル:バンコク
posted by tabiori at 15:41| バンコク ☀| Comment(0) | Bangkok 曼谷 日本菜 日式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。