2018年05月09日

青龍

先週土曜におやじとお茶したあと、友人とお好み焼きとラーメンを食べに行った。
炭水化物祭り、しかもラーメン。この数か月でこんなにもラーメンを食べるなんて人生で初である。
切ない気持ちになってしまった日にガッツリ食だ!切ないのを払いたい!と食に走る。

1階がラーメンで2階が鉄板焼きの青龍へ。
昔のテレビ番組のことや、日本の近隣諸国のこと、火星移住計画とかどうでもいい話で楽しかったわ。
ずいぶん長居した。

頼んだものは、

seiryu1.png
躍動感あふれるように…って
箸を入れようとのこと、そうか?





seiryu2.png
このコーン、食べ散らかしたようになった





seiryu4.png
モダン焼きの京風…なんだったか?忘れた




seiryu3.png
ネギ焼き




seiryu5.png
とん平焼きとぼんじり

そしてラーメン。
ミニとレギュラーサイズがあって、お店の人に量を聞いた。
レギュラーは100グラム、細麺です。
 100グラムなら大した量じゃないですね…
もう、ぜんぜんイケますよ。やっぱ〆はラーメンですから
 いえ、私はずっとウーロン茶なんですよ〜
いや、〆ですよ〜
 とのことで、私はレギュラーにし、2人はミニ。ちなみにミニは50グラムとのこと。


seiryu6.png
おいしかった。
ちゃんと熱かった。白ごはんが欲しくなるなぁ
ラーメン好きな友人に聞いた。
このとんこつはどのレベルの濃さになる?濃い!ってまでではないよね?
そういうのではないね、とのこと。食べやすかった。ミニにしなくて良かったわ。これでお腹がいっぱいになった。

家系という話題になった。でた、家系…そういうのが全く分からないから聞いているとおもしろい。
かといって食べたくなるわけではないが。



青龍
Sukhumvit Soi24/1
posted by tabiori at 01:12| バンコク ☀| Comment(2) | Bangkok 曼谷 日本菜 日式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば、タイ料理って塩気を感じるものって何があるのでしょう? “酸っぱ辛い“ とか “甘い” とかは思い浮かぶんやけど、自分の経験なんてほぼ無いから、塩気が欲しくなった時って、どうするん?…と。日本食材を探せなければ、そういう時はラーメンがピッタリきそう、なぁんて妄想。
炭水化物祭り、良いですね。「食べたいもの食べて、結果、炭水化物ばかり」は、日本でもかの地でも同じです。oriさん〆は烏龍茶なの?(でもご飯が欲しくなったのですね:笑)〆が欲しくなる食事ってえぇもんです。ゆっくり リラックスした食事だからこそ 〆が欲しくなるような印象なので(って自分だけかな?)。ちゃんと熱かったのも良かったですね。
Posted by こえだ at 2018年05月13日 17:06
タイ料理は味が濃い。塩も効いているもんです。で、辛いし。唐辛子を全く入れないで作るタイ料理も中にはあって、それでもナンプラーの塩気があります。
〆っていうより私はウーロン茶。あればどこでも笑
ラーメン熱いって当たり前なのにねぇ…
うん、切ない気分も吹っ飛んだ時間だったね。
Posted by tabiori at 2018年05月15日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。