2019年11月26日

タイ料理は甘いよ

慣れってすごい。私には感じなくなっている。というか当たり前だと思っているのでこんなものなんです、そういったところだ。
先週末、2日続けてタイ料理を食べに行った。

そしたら、
タイ料理って甘いね、お砂糖すごく使っているよね、日本はここまで甘くない。
とのこと。

その通り。タイ料理は砂糖量が多い、辛いのが苦手な人にはタイ料理は無理だと思われる。それは辛くないとただ甘ったるい食べ物だからだ。

ホテルのクラブフロアにお泊りの友人たちだったので、ラウンジで朝ごはんにグリーンカレーを食べたら甘いっ!だったらしい。
グリーンカレーは本来辛いものでその中に甘さを感じるものなのだが、ホテルだから辛さが抑えられていたのかも。
アジアティークのレストランでパッタイを食べたら甘い、という。
パッタイも砂糖ふんだんだから唐辛子多めがしまって食べやすくなるものだ。

ずいぶん前に食べたソムタムタイ、なぜか唐辛子なしにだったのでまずくて甘くて食べられなかったことがある。それがきっかけで私は辛さにこだわっているのかもしれないなぁ。あのソムタム、本当に無理だったわ。残したもん。

と、そういう話もしながらサバイジャイで食べる。

kaiyan.JPG
ガイヤーン。
たれがうまい、これ売ってたら買いたいって。
スイートチリでない方のね。





tomyamkung.JPG
トムヤムクン






ikacurry.JPG
いかカレー炒め
カオニャオも食べたけどこれはカオスアイ必須なので頼んだ。





thai tea.JPG
甘いといえばなんといってもタイティーだ。
ノーシュガーでオーダーするが甘い。まいわぁん…かぁ…
通じていないのか?
2回目も同じようにオーダーする。もう一人もオーダーする。
飲んだら、甘いし!甘いねぇ…、だねぇ…

どれも口に合ったらしい。良かった。

posted by tabiori at 14:28| バンコク ☀| Comment(0) | Bangkok 曼谷 泰國菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。