2019年03月23日

陵發潮州白粥と愛文生 私が行ったわけではないが

優先すべきことを私は間違えていると分かっていながら、別の、本当は止めるべきことに合わせている。
もう少し賢くなるべきだ、頭が悪いと我ながら思う。
と思う日であったが…

そういうこととは別で…
友人からLINEで「朝がなんたらのおかゆ、夜はガチョウ、いいでしょ」合わせて写真。

g.jpg
写真一目見て
 そのがちょうは太子のとこでしょ!
よく分かったね、とのこと。
そりゃ分かる。自分の好きな店のは分かる。で、あんたも美味しいって言ってたでしょ。
貝と蠔餅には興味はないが、鵝片と奥のは筍か?鵝片は食べたい…いいなぁ

で、この写真をブログに載せてもいいと許可を取り書いているのだが今日昼間、またLINEが来た。
そしたらなんと愛文生じゃない? そう、あいふみおだ。


m.jpg
ふみお…ずいぶんと懐かしいこと。
なんか知らんがへんな日本語がついているが、あいは広東語ではごぉなので違うんだよね。
まんさんでなく、ふみおと横に書きたい。

そんな日本語つくくらい日本人がいるのか?
聞いたら、欧米人が多かったとのこと。で、相変わらず客は多かったようだ。


へんな日本語はついたが、相変わらず裏切らないね。このテーブルのビニール。

8035.jpg

会社の子にこの写真を見せた。
これどこ?
香港なんだよ。メインの街からちょっと離れている。これは大牌檔といって外でランニング着たおっさんとか上半身裸のおっさんがフライパンふってんの。このビニールはね、片づけに便利なんだよね、がしゃーって出来るからさ。香港おもしろいでしょ、こんなんでもおいしいんだよ。機会あれば香港行ってみてよ。なんて言いながら…
いいなぁ、香港。ホテルレストランやきれいなところはもちろん好きだが、太子のがちょうやも大牌檔も好き。おいしいんだよね。
香港もいいけど、バンコクから離れたい。どっか行きたいなぁ



陵發潮州白粥
太子新填地街625-627號地下

愛文生
深水埗石z尾街1號地下
posted by tabiori at 02:14| バンコク ☀| Comment(0) | 潮州菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

陵發潮州白粥

がちょうを食べにいく。
焼鵝でなくあの店の鵝片を食べることが香港に来た目的のひとつ、友人がなんといおうと私は決めていた。

MTRで太子まで行き、地上に上がって…
うわぁぁぁぁ〜太子に来たよー!とひとりテンションが上がる。懐かしすぎてたまらんかったね。
友人はなんの思い入れもない場所なので、こんな場所で?と思ったかもね。
パンやのジミーちゃんは健在だったし、高架下とか、この道がとかどうでもいい箇所でいちいち感動した。
そして、あの子と来たらこの感動もまた違うんだろうなぁとしみじみ思ったね。とりじいとか一緒に行きたいなぁ…


店に行く。
夜9時くらいだったけど店内は相変わらず混んでいた。
鵝片を注文したら…もうあ〜 って返ってきた。
えーっ!無いの?うそ!
滷水鵝ならあると言っている。
…仕方がない、滷水鵝にした。遅めに来ると鵝片はなくなってしまうのかも。
通菜も注文したら、それもないって。まあ通菜はどうでもいい。別の野菜にした。


tyosu1.JPG
韮菜花
こういうのはバンコクにもあるけど味付けが違う。やっぱり香港の方がいい。
そういう意味では通菜を食べたかったかも。




tyosu2.JPG
滷水鵝
この味!食べたかった。やっぱりおいしい。
滷水鵝でもいいけど骨があって食べづらいから鵝片がいいんだよね。
また食べに来たいわ。




tyosu3.JPG
豉椒灼蜆
これは私は食べていないので分からないけど友人が言うにはおいしいとのこと。
豆豉を使ったたれなのであさりでなくてもお肉でも合うし、ごはんが進む味。


ほんと、ここに来れてよかった。


陵發潮州白粥
太子新填地街625-627號地下
posted by tabiori at 14:47| バンコク ☀| Comment(0) | 潮州菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

陵發潮州白粥   香港

香港

タイトルとはかけ離れる話しになるが・・

マイペース??
悪いこととは一度も思ったことはないが、度がすぎるとただの迷惑行為以外何物でもない。
あえて柔らかく マイペースという言葉にしてみたが。

そう思ったのは昨夜。

昨夜、うれしいことがあった。
連絡を取りたかった人と電話がつながったからだ。

6月初めころか?
会ってからある日電話をして話したんだけど、数日後からコール音のみで繋がらない状態になってしまい、
日を開けて電話するも同様コール音のみ。
しつこくするのもよくなく、放っておいたわけだが昨夜電話を架けたら、あー やっと繋がったわ!

 

どうしたの?と聞くと、体調崩して仕事以外はこもっていたと。
話を聞くと、カラダ自体と過度なストレスにより崩してしまったみたい。
小一時間話したことは、
ストレスとは、仕事ストレスとしつこい相手がいるとのこと。


しつこい相手。。私も知っている人間のことで、イライラさせるし忌々しいやつ。まあ最悪といったところ。
最初は、憐れだからと軽い気持ちで食事に一緒に行ったことが始まりらしい。


その後、
毎日毎回、仕事終わりに待ち伏せされ、そやつは1時間以上待ち伏せしているって。
職場の入るビルの下でみすぼらしい姿で座って待っているんだって! マジで気持ちがわるい。

追いかけまわされている人、つまり私の友人は、
待ち伏せされていることが分かっているから、早く仕事が終わっても帰らずわざと会社に残り、かつ、ビルの裏から出て帰宅していると。
普通、早く終わったら会社から離れたいだろうに。。



 
時には、急に勝手に自宅の最寄りBTS駅まできて、
いまどこどこにいるから食事にいかないか?と電話がくる。自宅に行っていいか?とか。
自宅は教えていないから、まだ安心。
毎晩のように電話がかかってくる。
しつこく聞かれる。

仕事中でも、手書きメモを渡され、
今日はビックC(こっちのスーパーマーケット)に行きたい、本屋に行きたい、食事に行きたい。。
いったい何様のつもりなのか? そういうことを書いてくるらしい。

休憩時間もわざとずらすようにしているって。 休憩にならんっていうの!


ある送別会があり、
友人が参加するころ聞きつけたこやつは、どう聞きつけるのかそれ自体が気持ちが悪い。
こやつは、関係のない人の送別会に出ると言い出したらしく、結局友人は送られる人には悪いと思ったが参加しなかったと
こやつが出るからって。


相手のことをまーったく思っていない、自分の欲求のままの行為。よくいやマイペースwww
迷惑行為以外何物でもないでしょ? と。
で、怖いって。それ。。おそろしい。


 
フツ―に考えて、そういうことしたら  された側の人ってドン引きでしょう。

しつこいよおかしいよ と注意はしたがまったく治まる様子がないみたいで、 吐いたセリフが、
こっちが動かないとそっちが動かないでしょ? ときた と。 


私も友人もすべてが自分が正しいとは思わないが、どう考えてもそやつはフツ―じゃないでしょ。

これって、へたすりゃ日本じゃ警察レベルに相談案件だよ。
しかし残念なことにタイではそういうのはない。日本はまだマシだ、相談できるからと。

しかし、そやつには金がない。 それが救いだと。
なぜなら、金使って何してくるかわからないから。。。ってのがこっちにはあるからね。

そやつの異常行為、理解不能な態度、どうしたもんかしら。。落ち着いてくれるまで待つしかないのだ。
友人はほんとうに気の毒である。

私の周りで私も含めて、相手の行動に対し理解不能なことをされている人っていてさ。

私の場合、過去にへんな女にはめられたし。意味わからん痕跡残したり、あるのもが捨てられたと言い放ち。。
それ、全部へんな女の自演自作。
そういう思考回路が私には皆無なので、理解不能意味不明。

この話は他の女子に話すと、みんな、はぁっ?? って(笑)
理解できないみたい、あまりに意味不明な行動で。 おろかな女だねと。
よかった、私の女友達はみんなフツ―で。


また、友人は(配偶者あり)、浮気相手の女からご主人の携帯を使って、友人にメールを送った。
朝起きてみたら、内容は しね  と
これは驚いたわ。 フツ―するかしらね? 女は浮気相手なのよ。奥さんに向かって送るメールの内容かしら?
フツ―じゃないよな。

これらも、自分の欲求そのままぶつけて、異常行為。

で、昨夜の友人の受けてる迷惑行為。 それぞれ、初めてされること、されたことだから 
フツ―の思考回路の私たちでは理解できないのだ。
異常行為をするヤツってほんとーにお気の毒な方ねぇwww

また連絡するわ、パーッと食事に行こうね と切電したけど。大丈夫かしら。。ストレス許容範囲越えなければいいけど。

だから、マイペース?? って度がすぎるとただの迷惑行為以外何物でもないという話し。
もう少し相手の立場を思っての行動をぜひしてもらいたいものだ。


で、ほんと香港の食べ物とずいぶんかけ離れたけど、
もう1か月経ったのね、こないだの香港から。早いわ。

夜に潮州菜を食べにいったの。
場所はもちろん太子。 太子と旺角から出ませんでしたからね。


ここは、以前にOpen riceで検索して行ってみたところ アタリであった潮州菜のとこ。
初めに行ったのはいつだったかしら?
今回一緒に行った友人に紹介し、おいしいと気に入った様子でたまに行くらしい。

私は久しぶりに行ったが、相変わらずおいしい。


P1130815 陵發 鵝片.jpg
鵝片
こちらの鵝片は、しっとり柔らかだ。
味付けも私の好み。 おいしかった。





P1130816 陵發 鵝腸鴨腎.jpg

鵝腸鴨腎
友人がミックスを頼んでた。 鵝腸のくさみはありません。
これもおいしい。
とてもあっさり。


そういえば、ここで白飯頼んだんだ。 久しぶりのタイ米だったわ。
友人は、これからもタイ米食べれるじゃん と軽い嫌味を。。そうですね、バンコクに戻ればタイ米ですから。
キライじゃないし。むしろ好きですよ。




P1130817 陵發 蠔餅.jpg
どーん!と、蠔餅。
人が食べているのをみて、激しいのが食べたかったので頼んだけれど、
まあ激しいわ。
ボリュームありすぎ。 食べきれず。



ここはお奨め。ほんとにうまい。


陵發潮州白粥  
太子新填地街625-627號地下
G/F, 625-627 Reclamation Street, Prince Edward











ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 02:19| 香港 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 潮州菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする