2013年02月03日

景霖正宗四川麻辣米線で麺、夜中にケーキ。

1月1日。
この旅の最後の夜ごはん。

時間が遅くなってしまったことと、あまりお腹も空いていないしとくに何が食べたいとかもなく。
麺でいいのでは?ケーキもまだあるし。 遠くに行きたくないし。


そんなわけで麵になった。

夜22時。遅い。夜ごはんというより夜食だね。

行ったところは、景霖正宗四川麻辣米線 Chinese Noodle Restaurant
スープを選び、麺を選び、追加できる具を選ぶというところ。


四川麻辣米線 だというのに私はまったく辛くなく、米線でないのを選んだ。
遅い時間で野菜はもうないと言われる。



P1110294 景霖正宗四川麻辣米線 雞肉上湯.jpg
上湯で、麵は米粉。
雞肉+豆卜+枝竹。 あっさりめにしてみました。
油揚げと湯葉、同じ豆類だけど。 おいしかったと思う。



友人が頼んだのは
P1110296 景霖正宗四川麻辣米線2碗.jpg
何かよくわからないけれど、麵は米線。
茶色の炸醬というようで、ひき肉で辛めで味付けがしっかりついているのもの。
炸醬っていうんだ。知らなかった。
食べてみると私のとずいぶん違った。酸味のあるスープ(南記とかの米線やさんにある)だったと思うが、
炸醬が入っているのでヘビーな感じになっていたが、これはこれでおいしかった。


麺を食べない私が、麵でいいのでは?と言ったことが友人には少し驚きがあったよう。
...最近、麵もいいと思っているのです。
ということで満足した。



それからしばらくして買ってあったケーキを。
大晦日のマッサの帰りに買ったものだが、火鍋のお腹いっぱいになった夜だったのでケーキも年越しそばも
元旦に持越し。

ケーキは、天后のMimosa Patisserie のもの。
P1110302 Mimosa Patisserie.jpg
これしか残っていなかったのよね。
ダブルダブルチョコレート とかいうもの。ムースだった。

食べた時間は夜中0時過ぎ。
こういう時間に食べるにはいいのか、悪いのか。
とてもあっさり。 ケーキは濃いのが好きなので私には足りない感じ。

別の日に食べたチョコレートケーキが濃厚でおいしかったのでそれと比べるとね...

前に食べた芒果拿破崙マンゴーナポレオン は、おいしかったのにな。
Mimosa Patisserie は他のケーキは私は好みでないかも。


このケーキの後ろには、器にもった殻つきピーナッツがありましてww
通りでかったピー。
殻つきなので普通の味付けされていないものだと思って食べたら、えっ? にんにく味なの?
ほんのりにんにくピーだった。
普通のがよかったぁなんていいながらも殻むきむき、ぽりぽり止まらない。一袋あけてしまった。


1月2日は、朝10時半の便。
短い睡眠で起きるのつらかったなぁ。
スーツケース引き、途中で菠蘿飽を買い、バスで空港に向かう。


寒くて行動範囲狭しの
こじんまり年越し香港は以上。




ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 19:06| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

傷心酸辣粉

12月30日 日曜。
寒〜い日。

お昼ごはん。

「傷心酸辣粉」 数年前にこのお店の名前をみたときに、なぜ傷心っ?と。

これもたまたま往路機内でみた香港TVの料理紹介番組でやってた。
オーナーが出演。 道端で見かける携帯番号の立てかけボードの、あれはよくわからないのだが
それをやっていたようで(たぶん)それからいろいろあり
傷心で、
麺にたどり着き、店名に傷心をつけた  と思われる。
 (広東語だしボーっと観てたのでとてもいいかげんな私の解釈)

ま、それでも、へぇーと。


この日のお昼もたまたまここに入ることになった。辛いの、あったかいのを食べて温まろう根拠。


気が付けば、銅鑼灣とかにも進出してたし、数店舗増やしていて頑張ってるななんて見てた。
そして昨年12月末ごろには銅鑼灣に
傷心酸辣粉:私房菜 というのができた。たまたま近くにいたのでみてみたらきれいなお店だった。


私が入ったところは旺角。

四川菜。申し訳ないがこういうお店でもあなどれないと構えた。
辛さがどんな程度なのか。

私は、辛いのは割と強めなほうだけど、四川の辛〜いのは苦手。

お昼だし、あまり刺激を与えたくなかったので私は看板メニューの辛い麵はやめた。
友人が頼んだのでそれをもらえばいいしww



P1110157傷心酸辣粉 傷心酸辣粉.jpg
酸辣粉(中辣)
見た目辛そう。
辛さは選べて、bb辣から小辣、中、大、勁辣がMAX。

食べ進めていくうちに、辛いと言い出した友人。 
どんなものか私もいただき。

...あ、辛いね。 四川の麻辣です。 辛さとしびれがある。

私はここでは、中辣までならいける。 大だと味がわからなくなると思う。
辛いのが苦手な人には中辣はムリと思われる。





P1110162 傷心酸辣粉 傷心酸辣粉2.jpg
麺は、芋の麵なのでもちもち。 おいしいと思う。
スープの味もどう表現していいのか。 わからない。 塩分は強くないな。
おいしかったです としか...




私が頼んだまったく辛くない麵。
P1110158傷心酸辣粉 酸菜肥腸米線.jpg
酸菜肥腸米線。
ちょっとラー油を足して食べた。

酸味のある酸菜でやはりさっぱりして、米線は噛んでもボツっとならない。意外ともっちり感あり。
スープは、やはりどう表現していいかわからない。 麵はほんとに詳しくないので。



P1110161傷心酸辣粉 酸菜肥腸米線2.jpg
白い麵が米線。
これ、おいしい。 



P1110150傷心酸辣粉 芋.jpg
麺の辛さを緩和させるためにとったという、芋だったかな。 炒め。
これが見ためより辛かった。
大した辛さではないけれど、中辣の麵を食べている友人にとっては緩和料理ではなかったね。



傷心酸辣粉... う〜ん 意外と四川の辛いところなのだとわかった。

最近食べた中では一番の辛さ。


それから、プリンスエドワードのバス停から、来たバスに適当に乗りバス旅。
乗ったのが、終点が住宅街になってしまい残念だけれど、
西貢へと続く路線だ、と友人。

そのバスに乗ったおかげで、私でも西貢に行けるであろうことがわかった。

 
私は酔わなかったので、それならこのまま西貢まででも行けるよと。
すごい山越え道ではないようだ。 
じゃ、次回は西貢だ! 適当バス旅、よい発見した。


ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 16:44| 香港 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

麺 澳門九記清湯腩王

P1100886 澳門九記清湯腩王.jpg

12月3日 月曜。
麵食べた。

お昼セットで飲み物と麵とのことだが、飲み物要らない。
麵の種類と具が自分で組合わせられたので、私は河粉と蝦わんたんにした。


ふらふら歩いてて、鼻もまだだらしない状態であった。
寒くなったので、あったかいもの。麵でも、とここに入ってみた。

薄味だった。ように感じたけど。 薄味好みなのでそれはよかったが。
さっぱり。麵は結構もちもちしてたと思う。
蝦わんたんは、えびぷりでははく、蝦米を大きくしたようなもので、他ひき肉入り。
まあ普通。


メニューは、広東語表記に加え、英語とおかしい日本語だった。とっても見づらい。
私が頼んだお昼セットは広東語のみ。

店内はきれい。
お店の人はとても親切。



澳門九記清湯腩王 Supreme Beef Brisket Soup
油麻地砵蘭街46號
46 Portland Street , Yau Ma Tei
ラベル:旅行 香港
posted by tabiori at 14:33| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする