2017年02月27日

香港に行ったのは銀行口座解約の為。北角海逸酒店に泊る。

ほぼ3年ぶりの香港だった。

目的は恒生銀行口座を解約するため。

日程は24日から26日の2泊3日。
実際は、24日を越えた25日の夜中に香港着。ホテルに入ったのは真夜中の午前2時半過ぎ。
25日の土曜は丸一日滞在。26日は朝ご飯を食べ、すぐにチェックアウト、時間は午前8時半。
今までの香港旅の中では一番短い滞在だ。

しかし、それでも堪能した。


飛行機が着いて機内から出て、
あ〜、香港やんかぁ。久しぶりだわぁ、えっ?寒!

香港、すごく寒かった。
私くらい薄着なのはいなかった。


香港のイミグレの要領の悪さに閉口する。
タイと変わらない。ひどいね。
仕事終わりで、時間の余裕がなかったところ、スワナプームも混んでいた。タイ人の遅さは承知だが、だったら人増やせよ!だが、並んでいようがそれも何とも思わないタイ人だ。なので、搭乗時間ギリギリになってしまった。
香港はそんなことはないだろう…いや、同じ!
あんなに到着した人がいるのに、イミグレの人の少なさ。いつになったらホテルに入れるのか…。
この人数であの人数?あかんやろ、ちっ…という日本語が聞こえてきた。ごもっとも。

香港の空港職員らにがっかりした。


空港バスって24時間でないのね。知らんかった。
夜中着でもバスがある〜なんて思っていたが、調べたらないの。AとかEとか。
たまたま調べていたところに友人から連絡が来た。
ホテルにどうやら電話してくれたようで、(日本から!)、タクシーが安全と思われる、と。

タクシーにした。
すぐ乗れた。めちゃくちゃ飛ばされた。カーブの道ではシートから落ちそうになった(私自身が)。
そうだ、運転荒いんだったわ。
街中に入り、お〜上環だ…うっ心臓が。道路のアップダウンとタクシーのスピードについていけない私。(ジェットコースターに怖くて乗れない)心臓が上がる〜怖い〜、あ、金鐘じゃん…うっ、心臓が。 の繰り返しだった。
夜中は飛ばせるから運転手も楽しいわよね。鼻歌混じりの運転だった。
…タイ人みたい。鼻歌って…
空港からクオーリーベイまで40分かかったか?くらいでホテルに着いた。
速いが高い。でも、快適?。運転手も良い人。

香港タクシーも運転が荒いし、鼻歌。別にそれは悪くない。


遅〜い時間にチェックイン。
ホテルは、ハーバープラザノースポイント。北角海逸酒店。
フロントの人はスムーズに手続きした。
リクエストの要バスタブと喫煙ルーム。応えてくれた。


P1190606-1.jpg
新しさは全くないが、それには困らない。

お湯は熱いお湯、お水は冷たい水が出た。水圧もいい。
一応アメニティはある。歯ブラシとシャンプーリンス、石鹸。ドライヤーあり。冷蔵庫あり。
無料のお水はワトソンズ。

ジムとサウナがある。ホテルゲストはフリー。23時までやっている。
サウナを使った。狭いが快適。人がいないので貸し切り。
プールは3月中までは閉鎖。


問題は、Wi-Fiだ。
無料だけど、遅いし入ったり入らなかったり。ロビーのフロアだとまだいいみたい。
アダプターはフロントで借りれない。貸してほしい旨伝えたら、買ってもらうことになりますとのこと。
街中の路地にある屋台ふうな店で10ドルで買った。
部屋に「売り」で30ドルだった。(気付かなかった)。


立地がとてもいい。
北角ではなく、鰂魚涌 クォーリーベイになる。

P1190684-1.jpg
これは、帰る日の朝8時半過ぎごろの、A12バス停から。英皇道。
ホテル前の信号を渡ればすぐにあるバス停。目の前にもある。
時間内であれば、空港の行き来はA12でラクラク。

銅鑼湾へはバスで行った。いろんな方面のバスがあり便利。
トラムも目の前にある。
地下鉄、今回一回も乗らなかったが、英皇道渡れば地下鉄出入り口あり。

天后から鰂魚涌 クォーリーベイまで徒歩でも行ける。
炮台山 フォートレスヒルからホテルまで歩いたら30分くらいだった。


1泊は朝食つきにした。
朝食付きは不要と思われる。
P1190682-1.jpg
パンはおいしかった。卵も。
コーヒーは淹れたてが飲める。良い点だ。


Harbour Plaza North Point
665 King's Road North Point Hong Kong
北角海逸酒店
香港北角英皇道 665 號



ラベル:香港
posted by tabiori at 18:39| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

旺角維景酒店 Metropark Hotel Mongkok

このホテル、私の以前の定宿。
久しぶりに泊ったが変わっていなかった。


先月27日の朝9時過ぎのCXでセントレアから香港へ。
泣き泣き飛行機乗って、お昼すぎには香港に到着した。

香港ドルは少ししか手元になく、オクトパスカードもチェックしたらバスに乗れない金額しかない。

バスの番号はやっぱり覚えていなかった。
確かめてからバスのチケットを買った。

荷物が重くて重くて。
セントレアでスーツケースは23キロだったし、パソコン一式にもう一つでかバッグ。
さらにバッグ。

バスに乗り込むのも簡単ではなかったわ。



久しぶりの車窓、微妙。。

どのあたりで降りればいいかは、景色みててすぐわかった。もうすぐ着くわ。。

ホテルチェックイン。
あ〜なんか久しぶりだわ と少々浸る。


部屋は上階だったけど、狭いだろうなと思っていたところ、やっぱり狭かった。
しかも、意味不明なつくりのタイプで
数回この部屋に泊まっている。


この部屋かぁ。。。と。いろんな意味で複雑な心境であった。



部屋からの景色も変わらず。
P1130742 旺角維景酒店.jpg

暑そう。







P1130738 旺角維景酒店2.jpg

そう、テレビが変わっていた。
薄型のタイプへ。







P1130740 旺角維景酒店3.jpg

このスペースで柱が邪魔になり狭いんだよね。


Wi−Fi環境は悪くない。 以前有料だったけどフリーで使用可。

狭い部屋だが、バスタブがありシャワーは可動式で、古いホテルだけどその点がいいのだ。


そして、私の好きなエリア 太子。
MTR近くてやはり便利で、ジミーちゃんパンやが近くのこのホテルは好き。



旺角維景酒店
太子荔枝角道22號

Metropark Hotel Mongkok
 22 Lai Chi Kok Road, Prince Edward
ラベル:香港
posted by tabiori at 19:22| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 宝軒酒店尖沙咀

尖沙咀のホテルに泊まるなんてすごい久しぶり。

いまさら尖沙咀? いやだなと思った。
なぜなら、観光客(私もだが)多いし、意味わからん人たちも多いし。

私の予算がなく、なるべく安いホテルを探したらここになったわけだ。


いやだな、と思っていたが実はいやでなかった(笑)
実際泊まったら新鮮だったのだ。
それは、ホテルの位置がナッツフォードテラスの近所だったからかもしれないが。



わざわざ尖沙咀に出向く、という感覚は当たり前だがないし、所詮便利なところだと改めて思う。
中環もすぐだし、買いたいものも揃っているし。

ただ、だめなのは香港パンやさんがないこと。
探したが見つけられたのは1件だけ。


最初はホテルの場所はわかりにくいかも。
地理的にわからないと迷うんじゃないかしら。
でも、一度行けば、ここ曲がって曲がってとか複雑でないので問題ない。

私もあまり自信がなかったが、金巴利道を行けばあるでしょ。とそんな感じで適当に行ったら着けた。



A21のバスに乗り、下一站金巴利道と表示されたので降りた。

金巴利道をまっすぐひたすら。
途中、地図があったので見たけど分かりづらい地図だ。
確か、スタンフォードヒルビューの近所だったはず。
とんでもない坂道を上がり、、、あ、あったわ!


周りは工事中。
そう、このホテルは今リノベーション最中。


ホテルのフロントは19階。
2機しかないエレベーターで、ヘルメットかぶったおっさんと同時に乗り込む。
1機はゲスト用。もう1機はカーゴ兼ゲスト用。
どちらが来るかわからない。



フロント着。
至ってシンプル。

ホテルスタッフは感じがいい。
私は、スーペリアダブルを予約していたが、ハーバービューダブルにしてくれた。



エレベーターは、カードキーをかざさないと上がれないシステム。




P1120065 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui kesiki.jpg
部屋からの眺め。
香港島が遠くにみえる。天后とかあたり。
チェックインした日の天気。





P1120060 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 4.jpg
ドア開けたところにクローゼット。
その横にデスク。

使い勝手は悪くないと思う。





P1120086 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 3.jpg
シャワーのみ。
色が違うのは、これは夜に撮ったので。
シャワーはちゃんとドアがあるのでトイレは水浸しにはならない。

アメニティーもひととおりあり。 ホテルオリジナルのもの。
私は使っていない。
シャンプー、コンディショナー、シャワージェルにボディーローション。
歯ブラシ、くし、綿棒とかもあり。


ドライヤーは部屋の引き出しにあり。


P1120084 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 1.jpg

ベッドもなかなかいい。







P1120085 The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui 2.jpg
ちょっと散らかしてますがww
引き出しとか収納スペースが結構ある。

コンセントが鏡のところにもあるので、鏡の前でドライヤーは掛けられるので便利。
また、コンセントが結構いい場所に各自あるので、充電もしやすい。
i podドッキングあり。


フリーWi−Fi。
全室ノースモーキング。


シャワーのみがツライけど、使いやすい部屋だと思う。
ここ、良いと思う。
次も泊まっていいかも。



場所は、ナッツフォードテラスを通ればすぐある。
MTR尖沙咀までは徒歩10くらいかかるけど、ミラマーセンターが近く、彌敦道までも遠くはない。
夜のナッツフォードテラスは人が多くて歩きづらいけどね。

滞在中、3回ナッツフォードテラスのお店を利用したわ。




The Bauhinia Hotel - Tsim Sha Tsui
宝軒酒店尖沙咀

5-9 Observatory Court, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
尖沙咀天文台圍5 -9號 - 香港九龍


ラベル:香港 旅行
posted by tabiori at 00:19| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする