2020年01月24日

べたイサーン料理

そこらでは結構有名なタイ料理や、とのこと。
店名も分からんが場所も…BTSならプルンチット、MRTならルンピニー。ともに10分以上は歩くね。

gaiyan.JPG







somtamthai.JPG







larp.JPG

ほか、スープとカオニャオ、ココナッツのデザート。
辛くしないで、と頼んでいたのでソムタムタイはピリ辛程度だったので私には残念。辛めのほうがソムタムはうまいな。
ラープも辛さ控えめにされた。
ローカルタイ料理やな感じで、辛さ抑えめにされたが味としてはおいしかった。


posted by tabiori at 16:36| バンコク ☀| Comment(0) | Bangkok 曼谷 泰國菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

Taling Plingにて

タイ料理を食べに行った。
友達のひとりは戦友という。似たようなことで頭を悩ましているからだ。
この人はとてもせっかちなので人の話を聞かない。ちょっと!とりあえず聞いて!と数回言う。
もちろん自身の考えも持っているからそれもガンガン話してくるのだが、もちろんそうあってほしいのでガンガンくるのはとてもいいし話しがいがあるものだ。
悩ましていることの結果はまだまだ出そうにないし、どうすればいいのかわからない。けれどそれぞれ時間がない!ないったらない!
しかし時間だけが過ぎていく…

そんなガンガントークの場所はタリンプリン@Soi34。
マッサマン、この日はあった。

massamangai.JPG
ってね、ドリンク、ごはん、他もろもろ頼んだよ。けどこれが一番最初に出てきた。
タイってほんと…
次にごはん、それからドリンクが出てきたっけ?





mupin.JPG
ムーピンの高級バージョン
これは友達のセリフ。まあその通りだ。






somtamthai.JPG
ソムタムタイ





satay.JPG
サテ






thotmankun.JPG
トートマンクン

ここおいしいわ、と戦友がいう。もうひとりがタリンプリンはどう?というので予約してきたのだが
私はここが好きだけど、昨年行ったときにまいみーまいみーばかりで嫌気がさし、トムヤムクンも味が落ちていたし、友達が日本から来てもここに来ようと言わなかったけれど、この日はちゃんとしていたので来てよかったと思ったね。

お互い情報取集しbkk会議はまた今度。
posted by tabiori at 13:55| バンコク | Comment(0) | Bangkok 曼谷 泰國菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

中華街ロブスター

昨夜、
友達と一緒にいて、お〜やっぱりこんなものか、だよなぁと思うことがあった。

友達は40歳そこそこなのだが10歳ほど年下と男と遊んでいる。いちおう付き合っているというか、まあそんな関係。

友達はかわいくパッとする子で、私くらいの年齢層の中にいればなんの違和感もないが、
10歳ほど年下の離れた人たちの中にいると「おばはん」感ハンパない!
友達はたぶんそれは分かっていて、どうでもいいと思っているから平気なんだろうけど、それよりも男の方が一緒にいて恥ずかしくないのか?と思ってしまった。
それくらい、10歳ほど離れるとこうも違うのかと思ったのだ。これ、50歳過ぎたら、還暦近くなればもっと違和感ハンパないんだろうなぁと思わずにはいられない。
だからそこまで離れるとイヤなのだ。自分がイヤなのだ。

私もこっちにきて早々に10歳ほど離れた男と遊んでいた。男は私の歳を知っていたのか勝手に勘違いして実年齢より若めに思っていたのか…それは不明。実際、40歳そこそこの私は若く見られていたからそこまで違和感はたぶんなかったと思うが、他からはそう見えていたのかも。歳離れてんねぇ、おばはんといるんや(すごいね)、みたいな。そう思っても言えんもんだよね。

今現在、私はとりあえず40代だけど、残念ながら年相応な見た目。だいたい、人って、たとえば45歳だと思ってもはっきり言わない人なら42歳くらい?と2.3くらい下に言うものだ。それを馬鹿正直に受け取る側も側だが。
今年なんだけど、私は10歳ほど年下の男からも好きだ、付き合ってほしいと言われた。いや、これこそマジでない。どうみてもおばはんと若い男になってしまうのがイヤでたまらんのだ。合わせてその男は男としては興味なかったからそういう関係にはならなかったけど、ほんと、昨夜は思い知らされたなぁ…


で、
数日続いている涼しさと寒さ。昨夜もだが日曜も歩くには快適。
夕方から中華街に行ってきた。


目的は

lobstermori.JPG

ロブスター






junbo2.JPG
小から大、ジャンボとある。

ジャンボにした。ジャンボは1キロ1500バーツ。テーブルにくるとやはりデカい。
これ、日本で食べたらもっと高いんじゃないか、なので1500バーツはお値打ち。
焼くか蒸す、焼く場合はガーリックバター、チーズ、ハーフ&ハーフ。
ガーリックバターにした。



junbo1.JPG
中華系タイ料理屋。これ、中華っぽい。






junbo3.JPG
雲吞スープ






junbo5.JPG
どれも良い味付けでおいしい。






junbo4.JPG
ロンハーが思いっきり簡体字。
なんだけど…
プーアル茶が欲しくて数店舗のお茶屋に入り、何が欲しいと聞かれるたびに、
プーアルの発音が私は出来ないので「ぽうれい」と言うと一発で通じる。
華僑だから広東語か、でも、これ簡体字やなぁ、う〜ん…だ。


観光客が多い店だけど、iPadでオーダーを取り、このオーダーでいいか?と確認し、レシートももらえるので不正がないようだ。
おいしかったし良い店だと思う。

腹ごなしにヤワラー散策

junbo mae.JPG







junbo near.JPG




えらく並んでいる屋台。
人気パン。
クリームやジャム等パンに詰めて箱につめて、回転の良さがハンパない。
有名みたい。
ninki pan.JPG




ここも行列。
ミシュラン2018,2019のステッカーがあった。だから並んでるのか…


yujyo.JPG
油条に大行列、か。
なるほど。





yawarart1.JPG



ヤワラー
まだ楽しめる。
posted by tabiori at 15:13| バンコク | Comment(0) | Bangkok 曼谷 泰國菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする