2019年09月13日

あげます!でなく買う

そりゃあ、タイ語が出来ない私がだめなんだけど…じゃあ英語でって先生が日本語使うので英語も使わず…

今日、仕事の合間に顔を打ちに行った。打ちってIPLのことをそう呼んでいるだけで…
なにせシミが出来るのは避けられないのでたまに行くのだが、今日は先生がいたので診察もあり。
顔を洗ったあとの診察で、
「うん、ツルツル。じゃあ、うちのビタミンAクリームをあげます!」
あ、はい、ありがとうございます。
「最後にAクリームをうすーく塗ってね、うすーくね。で、次はいつ来る?予約する?」
先生、トナーやエッセンスやくリームの後にAクリームでいいの?
「うん、そう。うちのは一番最後に頬にね」
わかりました。予約はまた電話します…

で、打ちに入って、終わった後に受付に行くと、
「これ、先生が…Aクリーム」
小さいチューブのを渡された。そういや前も使ったな。はい、ありがとうございます。そしたら、
「み〜す(Miss)、これ210バーツね」
えっ?と思ったが、はい、と言ってお支払いする。

…「あげます!」違うやん! 「あげます」はプレゼントじゃないのか?思わず笑ってしまった。
で、このAクリームはよくわからない。レチノールAなのか、ビタミンAなのか。
うすーくって言ってたからレチノールかもね。レチノール配合か?とにかくちゃんと聞きなさい、だな。


それと今日のごはんは、久しぶりに海南飯。文堂吉新加坡鶏飯の。

kainanfang.JPG
海南飯。
バンコクではやっぱりここのがおいしい。
そして久しぶりのお肉らしいもの。
量が少ないが今の私にはちょうどいい。まだコーヒーは欲しないし、お肉も欲しない胃の状態なのだ。

 安定の味だな
「おいしいんだけど量が少ないんだよね。今はこれで充分なんだけど」
 確かに少ないよね、と。
「本当はさー、この間香港に行く予定だったじゃん、そしたらうまい海南飯のとこにいくつもりだったんだよ。そこのは鶏は厚めでしっとりで 量は多いし美味いんだよ〜」
 うまいんだろうねぇ
「おいしいわさー」
と、香港はどうなったんだろう。ニュース見てない。

今夜から「買った」Aクリームを塗らなきゃ。

posted by tabiori at 01:49| バンコク ☀| Comment(0) | bangkok 曼谷 星馬菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

文堂吉新加坡雞飯へ再び。

私は味覚ばかではないと思っている。
だが、辛さばかに少しなったかもしれない気がしないでもない。


日が変わったが今日日曜に文堂吉新加坡雞飯に行った。
昨年12月に、カオソーイとラクサの話からシンガポール料理やあるよ、来年行こうよとなり行ったわけだ。

ラクサは私は食べたことがないので、友人はシンガポールに住んでいたのでホンモノを知る。
このお店のはどうか教えてもらうつもりだったが、
そのシンガポール料理のラクサ つまりココナッツカレー麺は 結局食べず。。

辛さ。
くらげの料理を頼んで、見た目より辛いよ と友人。


そこで思い出したのが、
年末年始の一時帰国の際にイタリアンを食べに行き、そこはよく行っていたところ。
メニューに激辛アラビアータというのがある。
おいしいのだが激辛まではやめてもらう程よい?辛さで前も作ってもらっていた。
この間食べたらまったく辛くない。 


これ辛い?と聞いたくらい。友人たちはピリ辛?それよりも辛め?という。この友人とよく来てたので
一緒に食べていたんだけどね。

私にはピリ辛のピもないのだ。結果、タバスコをかけた。

これってよろしくないよ。この1年のバンコク生活で辛さにさらに強くなったのは確かだが
いや、ほんとよろしくない。
塩分には未だに敏感であるが唐辛子には。。。。

という話を今日して、日本食は物足りない?と聞かれたが
いや、それはない。薄味がいいし、物足りなくない。


慣れるってすごいね。
中華だと日本で食べるにはクセがないから物足りない。
タイ料理も同様。地元の(日本のね)タイ料理やでは物足りないのよね。


さて、ここのシンガポール料理はどうなのか。


P1140966 文堂吉新加坡雞飯 ホッケンミー.jpg
ラクサでなく、ホッケンミーを食べた。
ホッケンミーも食べたことない。
米粉と黄色の小麦粉麺の混ざりとも知らなかった。
友人曰く、シンガポールのとはちょっと違うとのこと。 これはこれでおいしいと。

ホンモノは、黄色麺の方が多いらしい。
海鮮の出汁が効いててさっぱりした炒麺。おいしかった。
黒っぽいのはチリ。結構な量が盛ってあったがそう辛くはない。(おそらく)。




P1140962 文堂吉新加坡雞飯 雞.jpg
雞。
ご飯は別で頼んだ。
やはりしっとりしてておいしい。Mサイズだが量あり。





P1140963 文堂吉新加坡雞飯 くらげ.jpg
くらげの料理。
辛さばかを思いだしたくらげ。
これはタイ料理な味。 細切りくらげかと思いきや大きめカットであった。くらげに少しクセあり。


ここではロンガンティーも頼んで1人260バーツ払った。
なぜ金額を言うかといえば、
このあとにスタバに行った。
そこで、チェスナッツアイスラテホイップ入りを頼んだ。145バーツ。
スタバ、高いわね。。。


泰式星馬菜になるのかな、このお店も。
で、辛さかぁ。。。うーん。。


文堂吉新加坡?飯
BOON TONG KIAT HAINANESE CHICKEN RICE
440/5 Soi Thonglor 16, Sukhumvit 55

ラベル:バンコク
posted by tabiori at 03:36| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | bangkok 曼谷 星馬菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

文堂吉新加坡雞飯 Thong Lo

昨夜、友人が部屋に来た。
10月以来、久しぶりに会った。
この友人とは、二人だけの「会」を作って静めさせてもらい、楽しんでいるのだが、

なんか前と違うね、穏やかな感じが出てる。。
それは私,どうやらイラつき感等出ていないらしい。

そうなんだ。。。
そういや最近、普通に眠れる。いろいろ自分の中で片付けたのかもしれないな。いいことだ。
やっぱり穏やかに過ごしたいものね、忙しくても穏やか。


そういうことで昨夜は穏やかに楽しんだわけだが、
今日土曜もそのまま穏やかさを引きずって、またJJに行ってきた。

先週土曜に行ったのだが、買いたかったココナッツオイルがソールドアウトで、
次週ね と言われ、今日も出向いたわけ。

お店に行って私に気付き、あ〜 サワディーカー ココナッツオイルね〜 と。
覚えてんじゃん! すっかり私を覚えてくれた! 
オーナー?と思われるおばちゃんと、陽気なおばちゃん二人に。 これってうれしいわ。

先週は石鹸とリップバームをくれて、今日はアロマサシェをくれた。Happy New Yearだからとのこと。
その前も石鹸くれたし。 袋に入れてくれるんだよね。
私はここの商品が好きでこの二人が好きなのよね。。
またね〜とあいさつして、気分良いまま、トンローへ。


本日ランチは海南雞飯。

ここのが好き。 うまい。



P1140840 文堂吉新加坡雞飯.海南雞飯.2jpg
雞飯+炒通菜+泰式奶茶。






P1140845 文堂吉新加坡雞飯. 海南雞飯.jpg
ごはんがおいしい。 油っぽくないの。
トリは柔らかくてさっぱりして、かつ、しっとり。
タレの種類があり、私が付けるのは1種類だけ。

香港の雞飯と違う点は、量が少ないことと、トリが薄めにカット。味はまあそれぞれだが。

おいしくいただき、本日も良き日であった。


文堂吉新加坡雞飯
BOON TONG KIAT HAINANESE CHICKEN RICE
440/5 Soi Thonglor 16, Sukhumvit 55
ラベル:バンコク
posted by tabiori at 00:29| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | bangkok 曼谷 星馬菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする